Arkaneが「Dishonored」のステルス行動に対する敵AIの挙動やリプレイ性について言及

2012年6月25日 11:06 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dishonored」

先日、公式サイトの更新から非常に魅力的な世界背景が姿を現し始めたArkaneのステルスアクション新作「Dishonored」ですが、先日Bethesda BlogにArkaneの共同設立者であるHarvey Smith氏とRaphael Colantonio氏がファンの質問に答えた質疑応答が掲載され、ステルス作品の重要な要素となる敵AIの挙動やリプレイ性について幾つかの新情報が明らかになりました。

まず、警備員を始めとする敵AIの警戒レベルの推移や、AI同士の連携が存在するかとの質問に対し、ArkaneはAIが警戒レベルに幾つかの段階を持っていると説明。順に“全く怪しんでいない状態”から“何らか疑わしい”、“発見/認識”、“捜索”へと変化し、その後は厳戒態勢におけるパトロール状態に落ち着くものの、初期の“全く怪しんでいない状態”には戻らないとのこと。

また、彼らは範囲内の味方に警戒レベルを伝えるコミュニケーション能力を持っており、敵に発見された場合は他の敵もプレイヤーの存在を知る事になると説明が行われています。

近年のモダンなステルスアクションにおいて、AIの警戒レベルがクールダウンタイマーによって初期化される作品は実に多く、作品によっては敵AIが思わず笑ってしまう程に無能な木偶にしか感じられないタイトルも存在しており、ゲームバランスの兼ね合いも含めArkaneのさじ加減に期待したいところです。

また、Arkaneは本作のリプレイ要素として、全ての能力とアップグレードが1度のプレイで入手出来ないことに加え、プレイヤーの行動により変化するマルチエンディングの存在を明言。外科的な暗殺者や影に潜む者、残忍な殺し屋といったプレイスタイルに異なる展開が用意されていることを明らかにしました。

情報元:Bethesda Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.