Arkaneの新作ステルスアクション「Dishonored」の公式サイトが更新、世界の背景など幾つかの新情報が判明

2012年6月21日 15:18 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dishonored」
素晴らしいクオリティで描かれた主人公Corvo Atano

先日開催されたE3では新規IPタイトルとして大きな存在感を発揮したArkane Studiosの新作ステルスアクション「Dishonored」ですが、本日公式サイトが更新され、本作の背景に関する幾つかの新情報が明らかになりました。今回はこれらの情報に加え、公式サイト及びtumblrに登場した美しいアートワークを併せてご紹介します。

「Dishonored」

Dishonoredの舞台を含む“The Isles”の地図、The Islesは原始的な大陸から離れた文明の中心地で、荒々しい海に分断される島により構成されている。The IslesはImperial政府が全体を支配しているが、個別の島にはそれぞれの君主と独自の経済が存在している。

「Dishonored」

本作の舞台となる“Dunwall”はThe Islesの首都で産業の中心でもある。かつて捕鯨産業で繁栄を極めたDunwallだったが、近年は騒動と混乱に満ちており、遂にDunwall最愛の女帝Jessamin Caldwinが殺害されてしまう。彼女の死によって、新政体は都市を壊滅させてしまう恐れを伴う謎の疫病から都市を遮断し、厳密な法の下で支配を強化しようとしている。

「Dishonored」

女帝は殺害され、唯一の継承者である娘は誘拐された。そして彼女の忠実なボディーガードだった男(※ 主人公Corvo Atano)は糾弾されている。王国の諜報機関を束ねる人物は自らをRegent卿としてしたたかに都市のルールを律し始めている。

都市の富裕層が安全で気楽な生活を送っている一方で、貧困層には感染率の高い疫病が一掃はびこっており、Regent卿は彼らを隔離すべく夜間外出禁止令を制定し、武装し機械化された歩哨により都市部のパトロールを強化している。

「Dishonored」

The Islesの物理学者Esmond Roseburrowによるエネルギーとしての“鯨油”の発見により、Dunwallは単なる捕鯨の盛んな港町から巨大な工業都市へと発展した。高度な揮発性燃料として登場した鯨油は革新を成功させ、Dunwallに好景気をもたらすこととなったが、技術の発展とともに、このエネルギーは政府によって軍事技術の近代化に利用され、結果、都市を荒廃させてしまった。

Roseburrowは自身が生んでしまった究極の遺産に嘆き、絶望の中でその一生を終えた。

「Dishonored」
Dunwall中心部の地図
「Dishonored」
ポーション?ネズミが感染経路となっている疫病にも効果があると謳っている
「Dishonored」
女帝Jessamin Caldwinの肖像画か?
「Dishonored」
「Dishonored」
王女誘拐の1シーンと思われるレンダーイメージ
「Dishonored」
王女誘拐の1シーンと思われるレンダーイメージ、その2
「Dishonored」
「Dishonored」
「Dishonored」
「Dishonored」
「Dishonored」

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.