「Gears of War: Judgment」の脚本は数々のビデオゲーム批評で知られるTom Bissellが担当

2012年6月30日 12:43 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Gears of War: Judgment」

これまで複数のGears of Warシリーズ小説を執筆し、Gears of War 3の脚本も担当したSF小説家カレン・トラヴィス(※ 現在はHaloのKilo-Fiveトリロジーを執筆中)が開発に参加していないことが判明していたシリーズ最新作「Gears of War: Judgment」ですが、新たにJudgmentの脚本制作に“Extra Lives: Why Video Games Matter”を始めとするビデオゲーム評論で知られるライターTom Bissellが参加していることが明らかになりました。

Judgmentのシナリオは、予てからGears of Warシリーズの熱心なファンであることを公言し、数々のインタビューを通じてEpicとの関係も非常に深いTom Bissellを中心に、もう1人のライターRob Auten氏との共同制作により進められている模様で、来るサンディエゴComic-Conにて開催されるEpicのパネルディスカッションにはCliffy Bとベアードの声優を務めるFred Tatascioreに加え、ライター両名も登壇し、Gears of War: Judgmentに関する講演を行う予定となっています。

(※ 余談ですが、Tom Bissellが著したExtra Lives: Why Video Games Matterの第4章にはCliffy BとGears of War世界に対する賞賛と興味深い批評が掲載されています。)

情報元:gameranx

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.