続報:リムノス島で発生した開発者2人の拘留についてBohemiaが新しい声明を発表、逮捕は完全な間違いだと主張

2012年9月17日 23:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Arma 3」

今月9日に「Arma 3」の主な舞台として描かれるギリシャのリムノス島にて、Bohemia Interactiveの開発者2人がスパイ容疑で逮捕された事件について、何度かの続報と状況をお知らせしてきましたが、本日Bohemiaが拘留されたスタッフ2人の状況と背景、“Arma 3”開発との関連等に関する詳細を記した新しい声明を発表。逮捕が完全な間違いだと主張しました。

まずBohemiaは、現在ネット上で様々な憶測を呼んでいる開発者2人が立ち入りが制限された軍事施設に侵入した、或いはArma 3の視覚的な忠実さを改善するために軍事基地を中心に写真の撮影を行ったなどと噂されている状況について言及。実際は、彼らがギリシャの地方警察に拘留された僅か数時間後に多くのメディアがArma 3と逮捕を紐付けスパイ行為を行ったと示唆する報道を行ったもので、個人的な休暇でリムノス島を訪れたIvan Buchta氏とMartin Pezlar氏がこれらの撮影を行った事実は無いと断言しています。

また、Bohemiaは逮捕後に議論を呼んでいたリムノス島軍事施設の再現度にも言及しており、2035年の近未来を舞台に架空の世界背景を用意したArma 3では、この設定に適合させるため、島のレイアウトに多くの修正を加え、実在するいかなる軍事施設も描いていないと説明。さらに島のサイズも実際から75%程度縮小させ設計し直しているとArma 3のリムノス島が虚構の存在であることを強調しました。

さらに、今回の声明には現在拘留中のIvan Buchta氏とMartin Pezlar氏が寄せた以下の様なメッセージが記されています。

事態は厳しいが、私たちが会う人々は、公正かつ正確に我々に接しています。今回の件は完全に不合理な誤解であり、きっと速やかに釈明されるでしょう。私たちは主に家族について考えています、どうか冷静を保って下さい。心配する必要はありません。私たちがすぐに再会できるよう心から願っています。

今回の声明では2人が実際に現地で撮影した写真と映像について、無数の観光客が溢れる公共区域で撮影されたものと、一部に国際空港近くの幹線道路、幾つかのビル街が含まれているといった具体的な撮影データに関する説明もなされており、明日で逮捕拘留から1週間が経過する事件の経過に改めて心配が寄せられる状況となっています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.