Bravo氏が「Halo 4」の“Dominion”ストラテジーガイド映像を公開、キャンペーン/War Games/Spartan Opsの新映像も

2012年9月24日 13:15 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Halo 4」

先日お披露目を迎えた「Halo 4」マルチプレイヤーの拠点制圧系新モード“Dominion”ですが、新たにMLGのプロコーチとして活躍するお馴染みBravoことAndy Dudynsky氏が“Longbow”マップ向けのDominionモード解説映像を公開。新モードのプレイ感やディテール、基本的な流れが判りやすく収録された興味深い内容が確認できます。

今回はこの映像と“Dominion”ルールの概要に加え、新たに公開された数点のアートワーク、幾つか未見のシーンを収録したキャンペーンとWar Games、Spartan Ops新ミッションの映像、さらに限定版の販売に関する情報をまとめてご紹介します。

新モード“Dominion”の解説映像とルールの概要

「Halo 4」
拠点3箇所とRed/Blueのスポーンポイント、開始後占拠に向かう基本的なセオリー

※ 前述したAndy Dudynsky氏による“Dominion”のストラテジー解説映像が記事執筆中に一旦非公開となったので、ひとまず映像に含まれていたイメージをご紹介し、映像は今後再公開された際に追加します。

■ “Dominion”モードのルール概要

  • “Dominion”モードは、所謂ドミネーション或いはBattlefield 3のConquestモードに似た拠点制圧を競うオブジェクティブ系のマルチプレイヤーモードで、チームに分かれマップ上に配置された3拠点の制圧と規定ポイントの獲得を目指す。
  • 拠点である各コントロールポイントを占拠した場合、占領の持続時間に応じて拠点防御用サプライの供給が行われ、防御用の銃座や対人タレット、シールドドア、ビークルステーションなどが制圧チーム向けに利用可能となる。
  • 一旦占拠された拠点の占領は困難となるが、相手チームが占拠済みの拠点を占領した場合、前述した再供給後の強化は残存したまま利用可能となる。
  • 1方のチームが全ての拠点を制圧した場合は、サドンデスラウンドへと移行。制圧側チームが所定の時間を守り抜けば勝利となる。

海外の販売店では「Halo 4」限定版の売り切れが拡大中

先日から海外版の“Halo 4”限定版が北米GameStopやAmazonで販売終了となり、イギリスでもプレオーダーの受付終了が始まるなど、入手が困難になりつつあるとの話題がフォーラム等において注目を集めていましたが、先日お馴染みFrank O’Connor氏がこの販売状況について言及。実際に売り切れが拡大しつつあると述べ、現時点では追加の限定版を用意する計画がないことを明らかにしました。

新アートワークとキャンペーン/War Games/Spartan Opsの新映像まとめ

冒頭の印象的なシーンが収録されたキャンペーン映像
新マップ“Solace”のゲームプレイを含むWar Games映像
コヴナントとの戦闘を描いた新ミッションのシーンが確認できるSpartan Ops映像
「Halo 4」
「Halo 4」
「Halo 4」
「Halo 4」

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.