「Halo 4」のマップ“Complex”ウォークスルーとForgeモードの新たな解説映像が公開、ARGプロモーションも始動か?

2012年10月12日 13:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Halo 4」

まさかのフィンチャー起用やForgeモードの解説/マップ紹介など、大きな新情報の公開が続いているシリーズ最新作「Halo 4」ですが、本日も新たなウォークスルー映像やForgeモードの解説映像が登場。さらにHalo WaypointにてARGプロモーションの始動を思わせる謎のメッセージが隠されていたことが判明し大きな注目を集めています。

343のKynan Pearson氏が解説する“Complex”マップの新しいウォークスルー映像
同じくKynan Pearson氏による実践的なマップ作成ガイドを収録した映像、必見!

343が「Halo 4」のARGプロモーションを開始か、Halo Waypointに謎のメッセージ

「Halo 4」
10月10日更新のBulletinに隠されていたテキスト

かつてHalo 2のローンチ時に大規模なARGプロモーション“I Love Bees”を展開した経緯のあるHaloシリーズですが、10月10日に更新されたHalo WaypointのBulletinにARGを想起させる謎のテキストが隠されていたことが判明し大きな注目を集めています。

今回のテキストは複数の余白に隠されたもので、全てを繋げるとコードネーム“Surgeon”(※ 軍医)からコードネーム“Coalminer”(※ 炭鉱夫)に送信された以下のようなメッセージが登場します。

PLNB PRIORITY TRANSMISSION [CLASSIFIED]

ENCRYPTION CODE: [CLASSIFIED]

PUBLIC KEY: N/A

FROM: CODENAME SURGEON

TO: CODENAME COALMINER

CLASSIFICATION: ELEVENTH HOUR [1/5]

SUBJECT: AFTERMATH

/FILE EXTRACTION-RECONSTITUTION COMPLETE/

/START FILE/

Decades from now, when historians evaluate the war, what will they say about us? Will they claim that our victory was ultimately fruitless? That it failed to secure a lasting peace, or worse, that it was only a prelude to far greater horrors that now lay ahead?

My hope – OUR HOPE – is that history would instead view this war as a catalyst. That the last thirty years were a crucible, a threshing floor for our species, sifting out our fears and frailties. And that ultimately it made us stronger and more vigilant in the end, fully prepared for whatever will come next. After all, what good is struggle if there is no change? What good is a fire if the sword is not made stronger?

Attached are four reports accounting the major contingency structures our species currently faces in the wake of the war. Please evaluate them closely. Their outcomes will dictate how history views us, or if history even views us at all.

Xenomorphic element [2/5]

Martial element [3/5]

Provenancial element [4/5]

Primogeniture element [5/5]

As Machiavelli once said: “the Romans, foreseeing troubles, dealt with them at once, and, even to avoid a war, would not let them come to a head, for they knew that war is not to be avoided, but is only put off to the advantage of others.”

Likewise, we must deal with these issues head-on, without fear and without hesitation. We can afford no other stance.

/END FILE/

今のところ、この通信文に関する詳細は一切不明ですが、やり取りを行っている2人はGhosts of OnyxやThe Fall of Reachにも登場したONIの工作員で、Surgeonについては2552年の“Operation: HYPODERMIC”のリーダーを務め、Coalminerと共にSPARTAN-III計画の情報を知る数少ない人物の1人であることが判明しています。(※ 過去に今回と同様の形式で交わされたメールの内容が登場している)

なお、通信の内容には彼ら2人が数十年後に評価されるであろう人類の存続に関わる何らかの“力”に関する言及が見られ、ルネサンス時代の思想家ニッコロ・マキャヴェッリが著した君主論からの引用が記されています。

情報元:gameranx

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.