セルフパブリッシングプログラム「ID@Xbox」のWin10対応が発表、Xbox Oneとのクロスプレイ/バイを含む17作品がアナウンス

2015年3月5日 11:23 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
ID@Xbox「」

本日、GDCのプレゼンテーションに登壇したPhil Spencer氏がXbox OneやHoloLens、Windows 10関連の発表を行い、Xbox Oneのセルフパブリッシングプログラムとして2013年9月に発表された「ID@Xbox」がサービスを拡大し、新たにWindows 10とWindows Storeに対応を果たすことが明らかになりました。

これに併せて、“ID@Xbox”のWin10タイトルを手掛ける開発者達のインタビューを収録したプロモーション映像が公開され、一部Xbox Oneとのクロスプラットフォームプレイやクロスバイに対応する17作品のラインアップが判明。The Behemothの新作“Game 4”や“Pinball FX2”、“Divinity: Original Sin”、“Pillars of Eternity”、“This War of Mine”、“The Long Dark”、“Shovel Knight”といった豪華なラインアップに注目が集まっています。

ID@XboxのWidows 10対応を報告するプロモーション映像

■ ID@XboxのWindows 10とWindows Store対応について

  • Windows 10向けのXbox Live SDKリリースが本日アナウンスされ、SDKにXbox Liveサービスと共有のAPIを使用するWindows Store対応の統合が報じられた。
  • これに伴い、現在数百タイトルの開発が進行し、1000を超える独立系スタジオがXbox One開発キットを所有するに至ったセルフパブリッシングプログラム“ID@Xbox”のWindows 10対応がアナウンスされ、Xbox OneとWindows 10のクロスプレイ開発がより容易となった。なお、GDC会場ではWindows 10用ID@Xbox作品のプレイアブル出展が行われている。

■ ID@XboxによるWindows 10とWindows Store対応が確認された17作品

  • Game 4
  • Ashen
  • Lovers in a Dangerous Spacetime
  • Pinball FX2(クロスプレイとクロスバイに対応)
  • Pillars of Eternity
  • Bierzerkers
  • D&D Sword Coast Legends
  • Super Dungeon Bros
  • Siegecraft Commander(クロスプレイに対応)
  • Divinity: Original Sin
  • Swordy
  • This War of Mine
  • Wasteland 2
  • Cuphead
  • The Long Dark
  • #IDARB(クロスプレイに対応)
  • Shovel Knight
情報元及びイメージ:Xbox Wire, Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.