噂:2Kの新プロジェクト「ADVENT」は新生“XCOM”の続編か、“Enemy Unknown”に絡む幾つかのディテールが浮上

2015年5月29日 11:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Advent」
“Advent”が危険な存在であることを示す内容に変化したサイトのヘッダイメージ

先日、遺伝子治療による病からの解放と貧富の差が存在しない理想郷を謳う都市“Advent”のプロモーションがティザーサイトとして公開され、2Kが近く発表を行う新作と見られているプロジェクト「ADVENT」ですが、公開当初から一部イメージにノイズが混じる演出が確認されていたサイトのハッキングによるものと思われる崩壊がさらに進行しており、楽園が嘘であることを示すメッセージが数多く掲げられる状況となっています。

そんな中、サイトに用意されていたアートワークに“XCOM: Enemy Unknown”のアセットに酷似したイメージが確認され、来る新作がFiraxisの新生“XCOM”関連のタイトルではないかと注目を集めています。

“Advent”の市民が数百万規模で行方不明となり
遺伝子治療が嘘であることを訴えるイメージ

「Advent」
“Advent”が“敵”であることを示すメッセージ
背景には敵勢力らしき存在が確認できる
「Advent」
“Advent”の遺伝子治療が利用者を縛る鎖であることを伝えるイメージ
背景にはXCOM隊員を思わせるようなシルエットも確認できる
「Advent」
楽園であることを伝えていた市民のメッセージは失踪から経過した日にちに変化
行方不明者による不気味なメッセージも確認できる
「Advent」
これがサイトに掲載されていた件のアートワーク
「Advent」
中央のパネルを拡大したイメージ、3人の人物と赤いアートワークが確認できる
「Advent」
こちらが“Enemy Unknown”に存在したアセット、上のイメージと酷似している

という事で、どうやら新生“XCOM”関連の何かである可能性が浮上した“ADVENT”ですが、今のところエイリアンの存在を窺わせる符丁は発見されておらず、これが“XCOM”である場合、偽りのユートピアと“XCOM”本部がどう関係するのか、“Enemy Within”には同じ人類である敵対勢力“EXALT”が登場した経緯もあり、今後の展開とさらなる続報に大きな注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:ADVENT, Dualshockers, UFOpaedia, ComputerGames, 2K Forums

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.