アンドロメダ銀河を目指すArkとNexusにスポットを当てる「Mass Effect: Andromeda」の解説映像が公開

2016年12月3日 17:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「 Mass Effect: Andromeda」

昨日、The Game Awards 2016にて初の本格的なゲームプレイトレーラーがお披露目された「Mass Effect: Andromeda」ですが、新たに4つの種族がアンドロメダ銀河を目指した本作の背景にスポットを当てるオリエンテーションプログラム“Andromeda Initiative”が更新され、4種族の旗艦となるNexusと4隻のArk(人間/トゥーリアン/サラリアン/アサリ)に関連する興味深いディテールが明らかになりました。

ArkとNexusの解説を収録したAndromeda Initiativeの映像

マスエフェクト フィールド

「Mass Effect: Andromeda」

“マスエフェクト”は銀河で広く用いられる技術の基盤となる科学原理を指すもの。“マスエフェクト フィールド”はエレメントゼロを電流に触れさせた時に生じる物質の質量を増減させるエネルギーで、これを利用した超光速航行を超える速度の(質量の制約を受けない)航行システムや宇宙船のシールド生成、冷凍睡眠ポッドといった技術が宇宙旅行そのものを革新した。

「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」

ODSYドライブシステム

「Mass Effect: Andromeda」

暗黒宇宙において従来の手段では燃料を補給できない箱船“Ark”は、ODSYドライブシステムによってアンドロメダへの旅を実現している。ODSYは、銀河を越える旅を実現するために設計されたドライブコアで、静止エネルギーの再利用を可能にし、磁場のラムスクープからArk周辺の水素を集め、これを必要なエネルギーに変換している。

「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」

Avina

「Mass Effect: Andromeda」

(オリジナルトリロジーにも登場した)Avinaは、利用者の質問に答え、観光やイベントのガイダンスと見識を提供することを目的としたAIプログラムで、アサリの姿を模したホログラムとして現れる。AvinaはNexusの全体に渡って設置されたターミナル経由でアクセス可能。

「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」

人類のArk“Hyperion”

「Mass Effect: Andromeda」

“Hyperion”は、アンドロメダ銀河を目指すAndromeda Initiative任務のために建造されたArkの1つで、人類の入植者が搭乗している。天の川銀河最大規模の宇宙船である“Ark”は、全長1.5kmを越え、重量は1,700万トンに達する。

「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」

Nexusのリーダー達

「Mass Effect: Andromeda」

植民地情勢のディレクターを務めるFoster Addisonは、入植者達が住む入植地が全て稼働中であることをチェックし、Andromeda Initiativeの植民地化に絡む後方支援を全て監視している。

「Mass Effect: Andromeda」

Nexusの最高責任者Nakmor Keshはクローガンの女性で、Nexusを構築したステーションエンジニアの中核チームを担う1人。ステーションの維持と全ての設備が正常に稼動することに貢献している。

「Mass Effect: Andromeda」

Nexusのセキュリティを率いるSloane Kellyは、連合軍で訓練を受けた兵士で、アンドロメダ銀河を目指すNexusの全セキュリティを率いている。

情報元及びイメージ:Mass Effect, Mass Effect, VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.