Steamワークショップ対応を含む「シヴィライゼーション VI」のMODツールは現在も開発中、Firaxisが進捗を報告

2017年1月28日 0:06 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sid Meier’s Civilization VI」

先日、予約特典としてアナウンスされたアステカ文明が全てのプレイヤーに解禁された「シヴィライゼーション VI」ですが、昨晩Firaxis Gamesがマルチプレイヤーにスポットを当てるライブ配信を実施し、出演したPete Murray氏が予てから続報が待たれるMODツールとSteamワークショップの統合について言及しました。

コミュニティからMODツールとSteamワークショップに関する質問が多く寄せられていると語ったPete Murray氏は、チームが現在も開発に取り組んでいると語り、今後多くの情報が得られれば、必ずこれを共有すると説明しています。

“シヴィライゼーション VI”のMODについては、SDKが存在しない状況で既に多くの開発が進められていますが、Steamワークショップの統合と公式ツールの登場は、作品の楽しさとMODコミュニティの裾野を大きく拡張する起爆剤だと言え、今後の続報に大きな期待が掛かるところです。

参考:昨晩行われた公式ライブ配信のアーカイブ
情報元:PC Gamer, PCGamesN

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.