World of Tanks

続報:「Pillars of Eternity 2: Deadfire」のFigキャンペーンが遂にスタート、ゲームプレイを収録した映像も

2017年1月27日 11:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Pillars of Eternity II: Deadfire」

昨日、Polygonが一時的に公開した作品の概要をご紹介した傑作RPGの続編「Pillars of Eternity 2: Deadfire」ですが、昨晩カウントダウンの終了に伴い続編が正式にアナウンスされ、事前情報通り110万ドルの資金調達を目指すFigキャンペーンがスタート。開始からわずか数時間で目標の50%を超える60万ドル調達を果たす状況となっています。

また、Figキャンペーンの開幕に伴い、続編のゲームプレイやアセット、Obsidianの開発者達が語るメッセージを収録したプロモーション映像が公開され、予想を超える大きさの巨大な“Eothas”や前作から大幅に改善されたキャラクターの3Dモデル、新たな舞台として登場するDeadfire諸島のロケーション、天候表現やライティングのさらなる改善がうかがえる非常に興味深い映像が登場しました。

“Pillars of Eternity 2: Deadfire”Figキャンペーンのプロモーション映像

■ “Pillars of Eternity 2: Deadfire”のプロット

  • 死んだと思われていた再生と光の神“Eothas”が実は千年に渡って“Caed Nua”(前作の拡張可能なプレイヤー拠点)の地下深くに埋められた石像の内部で生きながらえていた。
  • “Eothas”は地を裂いてCaed Nuaの拠点を破壊し去り、プレイヤーを死の瀬戸際へと陥れる。
  • プレイヤーは自身の魂を救うために、気まぐれな神のあとを追い、定命の存在と神自身に混沌をもたらしかねない事態の答えを求めなければならない。
  • 神を追う捜索はプレイヤーをDeadfire諸島へと導く。Deadfire諸島は、Eastern Reachの集落からさらに東に位置する群島で、鬱蒼とした熱帯や不毛な砂漠まで含む数百もの島からなる。ここには豊かな土着の文化と植民地の入植者たちが居住する一方で、島のほとんどは地図に描かれていない。

■ その他のディテール

  • 陸地だけでなく海洋の旅が導入され、新たな文化や環境に出会う。
  • NPCはそれぞれのスケジュールに沿って行動する。これはクエストに動的な要素をもたらす。
  • 前作のパーティーメンバーが数人再登場を果たす。
  • 新たに動的な天候表現が導入される。
  • 同じく動的なライティングとシャドウエンジンが導入される。
  • 新たにマルチクラスが導入される。
  • ストリーミングエンジンが改善され、屋内レベルがシームレスに移動可能となる。
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
Deadfire諸島が舞台となる続編のキーアート
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
生まれ変わった“Edér”の外観
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
Palleginaもこの通り、キャラクターモデルが飛躍的に改善された
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
「Pillars of Eternity 2: Deadfire」
情報元及びイメージ:Gematsu, Polygon, Fig

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.