地球に落下した極小サイズのエイリアンを描くフォトリアルな新作「Мeteorite」がSteam Greenlight入り

2017年3月6日 13:06 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Мeteorite」

インディーデベロッパSynthetic.Systemsが2015年後半から開発を進めている野心作「Мeteorite」が先日Steam Greenlight入りを果たし、フォトリアルなビジュアルと独創的なゲームプレイメカニクスが話題となっています。

“Мeteorite”は、地球に落下し孵化したダニのようなナノサイズのクリーチャーを主人公に描くRTSと3Dプラットフォーマーのハイブリッド作品で、地球が擁するミクロレベルの免疫システムと戦い生存し、来るインセクト達の群れによる地球侵略の足がかりを築くことを目的としており、3クラスのエイリアンを紹介するフォトリアルなゲームプレイフッテージが登場しています。

  • かつて地球にクリーチャー達の胞子が落下。27万年が経過し、唯一生き残ったコアから3体のクリーチャーが誕生し成長した。
  • ダニのようなナノサイズのクリーチャーはそれぞれ固有のスキルを持ち共生し、様々な物質を生成する能力を持っている。
  • 彼らは何百万年もの時を経て進化した地球の生物相に抵抗し生き残らねばならない。また、彼らには来るインセクト達の襲来に向けた基盤を構築するための任務が託されている。
  • ゲームはRTSと3Dプラットフォーマーのハイブリッドで、それぞれに異なる以下のクリーチャー3体を切り替えながら、各レベルのクリアを目指す。
    • Tracker:飛行タイプで研究と調査、危険の警告に秀でる。必要な分子のサンプルを持ち、発見した場合はマーカーを設定できる。
    • Harvester:Trackerが発見し、マークしたミネラルや有機物の採掘、生産に加え、生成したミネラルをコアへと輸送する役割を担う。コアはベンダーやマテリアルのストックを担い、グループはコアの安全を確保しておかねばならない。
    • Sentinel:狩りとグループの護衛を担う戦闘用クリーチャー。
  • TrackerとHarvesterが入手した要素からミネラルや中身を抽出し、生き残るために必要な酵素や有毒物質、抗生物質、潤滑油といった物質が開発可能。
  • クリーチャー達が険しい壁や植物に登るカスタム重力制御装置を特色とし、ゲームの戦術性を拡張する。
  • Unreal Engine 4を採用しており、2018年Q1の発売に向けた開発が進められている。対応プラットフォームはWindowsとMac。
情報元:Kotaku, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.