Wolfenstein II: The New Colossus

ピーター・モリニューが「Legacy」と呼ばれる新作を開発中、およそ16年ぶりにモリニュー本人が自らコーディングを担当

2017年4月3日 19:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Peter Molyneux」

カリスマ的なゲームデザイナーの1人として知られる一方で、サービス精神旺盛な愛すべきビッグマウスぶりが“Godus”を巡る論争を激化させ、ビデオゲーム産業において(近年ますます顕著な)ソーシャルメディアの暴徒によって多くを失う最初期の著名人となったピーター・モリニューですが、昨年11月にローンチを果たした新作“The Trail”の成功に伴う氏の今後やメディアとの関係に注目が集まるなか、モリニューが実に2年2ヶ月ぶりとなるメディアのインタビューに応じ、「Legacy」と呼ばれる未発表新作の開発を進めていることが明らかになりました。

これは、glixelがモリニューのロングインタビューを掲載したもので、現在の自分がデザイナーやプロデューサーではなく、コーダーだと語ったモリニューは、初代のBlack & White以来、およそ17年ぶりに自身の作品を自らコーディングしていることを明かし、最初期の代表作であるポピュラスを手掛けていた頃のような試行錯誤を繰り返していると説明。この新作を“Legacy”と呼んだモリニューは、最新作の具体的なディテールを伏せ、自身の功績の1つがこれまでに試みたジャンルの豊富さであることを挙げた上で、“Legacy”がこれまでと非常に異なるジャンル付けの困難な作品であることを強調しています。

なお、対応プラットフォームが現段階で決まっていないことを明かしたモリニューによると、現在は一先ず簡単なマウス操作の実装に注力しているとのこと。

余談ながら、glixelのインタビューはモリニューのキャリアや個人的にも関係の深いSean Murray氏と“No Man’s Sky”の紛糾に関する同情的な見解、VRに対する期待、メディアの報道に対する胸中とこれからの関係、“Godus”の紛糾から得た経験を経て見直した自信やチームとの関係、これまでの波瀾万丈なキャリアに対する思いなど、多岐に渡る貴重な発言が掲載されていますので、興味がある方は一度チェックしておいてはいかがでしょうか。

情報元:Glixel, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.