セガの“モンスターワールドII”が復活を果たす「Wonder Boy: The Dragon’s Trap」の日本語PS4/Switch版発売が正式アナウンス

2017年4月18日 10:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Wonder Boy: The Dragon's Trap」

かつて1989年にセガ・マスターシステム用のプラットフォーマーアクションとして発売され、92年にはゲームギア版が国内で販売された“Wonder Boy III: The Dragon’s Trap”(モンスターワールドII ドラゴンの罠)ですが、本日フランスのDotEmuがリメイクを手掛けた新作「Wonder Boy: The Dragon’s Trap」のPS4とNintendo Switch版が国内外でローンチを果たし、日本語版のリリースを支援した架け橋ゲームズが生まれ変わった名作の概要を紹介するプレスリリースを発行しました。

参考:“Wonder Boy: The Dragon’s Trap”のローンチトレーラー

『Wonder Boy: The Dragon’s Trap』Nintendo Switch™ 版 / PlayStation®4版リリースのお知らせ

不朽の名作アクションゲームが、いまよみがえる!

本日、DotEmu 社(仏国)は、不朽の名作アクションゲーム『モンスターワールド II ドラゴンの罠』を現代の最新の技術とキュートなアニメーションでリメイクした意欲作、『Wonder Boy: The Dragon’s Trap』を Nintendo Switch™と PlayStation®4で世界同時リリースいたします。

『Wonder Boy: The Dragon’s Trap』とは

原作は1989年にリリースされた『モンスターワールド II ドラゴンの罠』。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メカドラゴンの呪いによってトカゲの姿に変えられてしまった主人公の「ヒューマン」。(今作では待望の女の子キャラクター「ヒューガール」も初登場!)

主人公が元の人間の姿に戻る方法はただ⼀つ、メカドラゴンの呪いを解く力の宿る魔法のアイテム「サラマンダークロス」の力を手に⼊れることです。

冒険の⾏く手を阻むドラゴンたちを倒すたびに呪いの力はさらに強くなり別の生き物へと変身してしまいます。

それぞれの呪いには特殊な能力が備わっています。それぞれの能力を駆使して「サラマンダークロス」のもとへ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さぁ、壮⼤な冒険に旅立とう!!

「Wonder Boy: The Dragon's Trap」

本作の開発である仏国の Lizardcube 社が、オリジナル版の開発スタッフの監修のもと、現代の最新の技術とキュートなアニメーションで『Wonder Boy: The Dragon’s Trap』として『モンスターワールド II ドラゴンの罠』に新たな命を吹き込みました。

「Wonder Boy: The Dragon's Trap」

原作をプログラムコードから読み起こし、当時の手触りなどを再現しながらも現代向けに丁寧なアレンジが加えられています。

ゲームシステムは今作も原作と同様に、探索 / 冒険 / アクションが思う存分堪能できる、まさに名作という冠にふさわしい王道クラシックゲームをそのまま再現。

今回のリメイクにあたり追加された、美しい手描きのアニメーションとオーケストラアレンジされた楽曲は、今まで以上にワクワクする体験になることでしょう。

プレイ中いつでも変更可能な二つのスタイルで思う存分冒険を堪能!

「Wonder Boy: The Dragon's Trap」

サウンドやビジュアルは発売当時のカッコよさをそのまま伝える8bit スタイルと、HD クオリティーで丁寧に描きあげた現代のキュートなスタイルにいつでも変更することが可能です。

古き良き、且つ新しい、愛情あふれる本作をぜひお楽しみください。

『Wonder Boy: The Dragon’s Trap』公式サイト

http://www.thedragonstrap.com/
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000000207
http://www.jp.playstation.com/software/title/up1482cusa07029_00dotwbdragonstrap.html

【ゲームパブリッシャー】DotEmu について

DotEmu は、2007年パリ(仏国)に設立されました。クラシックなゲームを現在のプラットフォームに最適化して移植することを主業務にしているパブリッシャー兼デベロッパーで、創業以来優れた技術的ノウハウの多くをクラシックゲームのオリジナル本来の魂を維持するために活かしており、歴史の中に埋もれていた名作の楽しさを新世代のゲーマーに広く伝えることで、作品に新たなる命を吹き込むことに注力しています。『Ys ORIGIN (イース・オリジン)』『Another World』や『R-TYPE』など往年の名作・⼤作のスマートフォン対応を手掛けるなど精力的に活動しています。

公式ホームページ:http://corporate.dotemu.com/index.php/ja または http://www.dotemu.com/

【開発】Lizardcube について

Lizardcube は2015年に設立された、パリに拠点をおくゲームスタジオです。『Wonder Boy: The Dragonʼs Trap』は彼らがいままで培ってきた技術や経験を生かして、心血を注いだ完成させた処女作となります。

公式ホームページ:http://www.lizardcube.com/

【本ゲームの日本語版 窓⼝担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース⽀援を⾏っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームはすでに『Ys Origin』『Salt and Sanctuary』『Semispheres』など30本を超えています。

公式ホームページ:www.kakehashigames.com
Twitter アカウント:@kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.