Wolfenstein II: The New Colossus

Digital Extremesがローグライク系F2PMMO「Survived By」を発表、開発はなんとHuman Head Studios

2017年8月31日 13:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Survived By」

本日、Digital Extremesがパブリッシングを務めるローグライク系のF2PアクションMMO「Survived By」を発表し、9月1日に開幕するPAX Westにて初のお披露目を予定していることが明らかになりました。

“Survived By”は、先日“Rune: Ragnarok”を発表したばかりの“Human Head Studios”が開発を手掛ける新作で、パーマデスでプレイヤーが代替わりするローグライク要素と100人規模の大規模オンラインマルチプレイヤー、複数のプレイアブルクラス、弾幕シューティング系の激しいアクション、クラシックな2Dアートを特色とする新作で、作品の概要を分かりやすくまとめた国内向けのディテールが報じられています。

既に公式サイトを通じてクローズドアルファのサインアップが開始されていますので、気になる方は早めに登録を済ませておいてはいかがでしょうか。

“Survived By”のティザートレーラー

DIGITAL EXTREMES と HUMAN HEAD STUDIOS が協力する 新作ローグ系 MMO ”SURVIVED BY”のα版に 今すぐサインアップしよう!

「死んだらやり直し」の熱いシステムに弾幕系ゲームの要素を加えたレトロゲーム風の傑作が、9/1のPAX Westにて初一般公開!

カナダのインディーズ系デベロッパ兼パブリッシャの Digital Extremes と長い歴史を持つインディーズ系デベロッパの Human Head Studios は、両者の協力の成果である Survived By ™ の公開に誇りを持っている。 Survived By ™はレトロ風の Free-to-Play 新作MMOであり、そこでは最大100人のプレイヤーが肩を並べて、最初の部分だけは「死んだらやり直し」となる弾幕系のバトルを戦う。20年以上にわたり創意に富んだ説得力のある多様なゲームを生み出してきた(Rune、Prey、Lost Within、Boxy Kingdom)ことで知られる Human Head の Survived By は、ピクセルで描かれる戦争中のファンタジー世界にプレイヤーを送り込む。そこでは残忍な敵の猛攻の下、人類が生き残るためにもがいている。使命を心に留めて、 www.survivedby.com にて Survived By のクローズドαに今すぐ無料でサインアップしよう。

世界樹の中にある村や町に忍び寄る「邪悪」により絶滅の危機に追いやられているプレイヤーは小さくも強力なキャラクターを作成し、ファンタジックでパワフルな武器を生産し、レベルを上げ、混沌とモンスターに満ちた地を探検していく。Survived By ではプレイヤーはいくつかあるクラス (第 1 弾は錬金術師、先駆者、潜入者、見張り、風水師、ドルイド僧) の中から 1 つを選択するように促される。それぞれのクラス特有の力と能力を得るためだ。プレイヤーが死ぬ度に、伝統のわずかな一部をその身に受け継ぐ新たな子孫へと世代交代する。この伝統からは新たなバフや能力値ブーストなどの恩恵がもたらされる。プレイヤーはそれぞれの世代交代プレイの中で異なる後継者を選び、ハートランドの最も厳しいダンジョンとボスを倒すための新たな方法を探ることができる。

エグゼクティブプロデューサー ライアン・ジャクソン氏コメント

「私たちは、自分たちが子供時代に愛したクラシックゲームの主要なゲーム要素はすべて残しつつ現代の RPG プレイヤーを対象としたゲームを念頭に置いて、Survived By を作りました。100人ものプレイヤーと共にサーバーに飛び込むことにより、とてつもない驚異の念を得たことに加え、生産とソーシャルチームワーク、そして息もつけない気の狂うような弾幕との中毒性のある融合を見いだすことができました」

Survived By の主なゲーム面の特徴

  • 最大 100 プレイヤーでバトルができる MMORPG;Survived By は最大 100 人が同時にプレイできる大規模マルチプレイヤーオンライン RPG だ。弾を避け、キメラの大群を倒し、最高の装備と武器を生産しながらレベルアップしよう。ただし注意してほしいのは、死んだら…「ほぼ」ゲームオーバーだ。
  • 「死んだらやり直し」は最初の部分だけ;伝統的なローグライクゲームとは異なり、プレイヤーは HP を回復できるし死ににくいため、生き残るためにすべてを避けて通る必要はない。しかしプレイヤーは死ぬ度に「ほぼ」すべてを失う。伝統のわずかな一部をその身に受け継ぐ新たな子孫へと世代交代するのだ。
  • 凄まじい弾幕;プレイヤーは、選択したキャラクタークラスに合う戦略的な選択肢をもたらしどんどんパワーアップしていく武器を生産し使用することができる。魔法と鋼鉄、特別な能力の組み合わせによって武装し、ダメージを食らわせてくる敵のスプレーを巧みにかわしながら敵を退けていくのだ。
  • ゴージャスなピクセルアートの世界;友達やその他の人とチームを組み、美しくレンダリングされた広大なピクセルアートの世界を探検しよう。準備を整え、友達と共に広く多様性に富んだ地で敵を倒しダンジョンに潜り、アイテムをトレードする旅に出よう。この世界にはゲーム内アチーブメントやチャレンジ、何百時間も遊べるゲーム要素が満載されている。
  • 敵の大群を倒す武器の生産;プレイヤーは旅の途中でビースト (敵意のある攻撃的な生物)、インファーナル (無差別に破壊を行う火炎の力)、フューリー (触れるものすべてを堕落させる侵略的な夢魔)、スピリット (姿を現した自然災害) などの軍団と対決する 時、強力な発射武器を生産し使用することになる。
  • 公平な Free-To-Play モデル;Survived By は公平な free-to-play ゲームとして設計されている。ゲーム内のすべてのアイテムは課金しなくても無料で手に入れることが可能だ。
  • 頻繁なアップデート;Survived By は頻繁にアップデートを行い、新コンテンツやエキサイティングな新機能を導入していくように設計されている。このゲームはコミュニティの意見と要求を念頭に置いて開発されていく予定だ。

Survived By は今週金曜日に始まる PAX West にて初めて一般公開されます! 9 月 1 日 (金) ~4 日 (月) にワシントン州シアトルで開催される PAX West 会場、Digital Extremes のブース#233 で、皆様のお越しをお待ちしております。当社のニュースをフォローし、Survived By の最新情報を常に知っておき、クローズドαにサインアップしてこのゲームの開発を手助けするために www.survivedby.com にお越しください。

【HUMAN HEAD STUDIOS について】

ウィスコンシン州マディソンを本拠地とする Human Head Studios は、商業 ビデオゲームの設計開発に 20 年以上の経験を持つインディーズ系のスタジオである。20以上のプロジェクトに取り組んだことのあるこのスタジオは、批評家から高評価を得て賞を獲得したタイトルである Rune や Prey で最もよく知られている。また Human Head は Bioshock Infinite 、 World of Tanks 、 Batman: Arkham Origins といったメガヒット作の開発にも協力している。このスタジオでは現在、PC と次世代コンソール用の複数のプロジェクトが鋭意進行中である。さらなる情報を得るには www.humanhead.com へ。

【DIGITAL EXTREMES について】

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる 『Unreal®』フランチャイズの共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3 向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3000 万人以上 の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。Digital Extremes に関する詳細については 、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。

「Survived By」
「Survived By」
「Survived By」
「Survived By」
「Survived By」
「Survived By」
「Survived By」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.