日本語対応を予定していた「Cuphead」のローカライズは後日アップデートで実装、Studio MDHRが進捗を報告

2017年9月27日 18:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cuphead」

9月29日のローンチがいよいよ目前に迫るStudioMDHRの野心作「Cuphead」ですが、新たにStudio MDHRが公式サイトを更新し、来る製品版が当初Xbox OneとWindows 10向けに予定していた日本語を含むローカライズに対応しないことが明らかになりました。

Studio MDHRの報告によると、僅か14名の“Cuphead”開発チームは、現在製品版のブラッシュアップに集中しており、英語以外のローカライズ対応については、ローンチ後の最優先事項として可能な限り早くアップデートを配信したいとのこと。

ダイアログやテキストそのものよりも、クラシックなフォント使いやタイポグラフィが印象深い“Cuphead”ですが、果たしてどんなローカライズが行われるか、ローンチ後の取り組みに大きな期待が掛かるところです。

情報元:StudioMDHR

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.