100人規模の戦闘を描く第二次世界大戦シューター「Hell Let Loose」のKickstarterキャンペーンが始動、早くもクリア目前

2017年10月3日 13:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hell Let Loose」

週末にオーストラリアのインディーデベロッパBlack Matterが開発を手掛ける新たな第二次世界大戦オープンワールドシューター「Hell Let Loose」のKickstarterキャンペーンが始動し、早くも初期ゴール(13万6,000豪ドル)のクリアが迫る状況となっています。

PC向けの“Hell Let Loose”は、オーバーロード作戦におけるD-デイ後のサント=マリー=デュ=モンを舞台に、100人規模の戦闘を描く諸兵科連合と分隊ベースのシューターで、一般的なHUDやクロスヘアをほとんど排し、分隊間のコミュニケーションやポジショニングが重要となるハードコアな戦術性、50人の兵士を率いる指揮官要素、補給効率を改善する燃料貯蔵庫や弾薬庫とその維持、13種からなる多彩な兵科やビークルといった要素を特色としており、UE4を採用した美しいビジュアルとリアルな銃撃戦が確認できる9分半のゲームプレイ映像が登場しています。

Kickstarterキャンペーンの始動に併せて公開されたゲームプレイ映像
“Hell Let Loose”のアナウンストレーラー

Kickstarterキャンペーン向けに1万ドル/10万ドル刻みの細かなストレッチゴールが多数用意されているほか、2018年Q1にはクローズドアルファの実施、2018年Q2にはSteam Early Access版の発売が予定されていますので、気になる方は多彩なプレッジの特典を確認しておいてはいかがでしょうか。

「Hell Let Loose」
複数のセクターに分割されるマップは4平方kmの広さで、両チームが各セクターの占領を争う
マップの舞台は大きな戦場となった仏サント=マリー=デュ=モン
「Hell Let Loose」
現行ビルドのDeployメニュー
「Hell Let Loose」
選択可能な兵科の数々、ラインアップとカテゴリは以下

■ プレイヤーの役割

  • 司令官
  • Infantry
    • Officer
    • Rifleman
    • Anti-Tank
    • MG
    • Assault
    • Medic
    • Engineer
    • Supprt
  • Recon
    • Scout
    • Sniper
  • Armor
    • Tank Commander
    • Crewman
「Hell Let Loose」
登場武器のディテール
「Hell Let Loose」
Kar 98kのディテール
「Hell Let Loose」
プレイヤーが操作・展開可能な57mm対戦車砲
「Hell Let Loose」
同じくナチスのPaK 40対戦車砲
「Hell Let Loose」
155mm榴弾砲M1も登場
「Hell Let Loose」
こちらはModel 18 重榴弾砲
「Hell Let Loose」
「Hell Let Loose」
「Hell Let Loose」
「Hell Let Loose」
「Hell Let Loose」
「Hell Let Loose」
情報元及びイメージ:Kickstarter, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.