The Wolf Among UsやThe Walking Deadを含む2018年の「Telltale Games」作品はリリース形態に大きな変化を迎える、Job Stauffer氏が予告

2017年10月16日 16:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Telltale Games」

今年7月に初の試みとなるオンラインカンファレンスを実施し、“Batman: The Enemy Within”と待望の“The Wolf Among Us”シーズン2、そして“The Walking Dead”の最終シーズンを発表した「Telltale Games」ですが、新たにスタジオのクリエイティブを率いるフロントマンJob J Stauffer氏がGames Industryのインタビューに応じ、今後の様々な取り組みについて言及。“The Walking Dead”シーズン1以降の大きな成功を支えた馴染み深い作品のフォーマットについて、2018年に何やら大きな変化をもたらすことが明らかになりました。

これまで、絶えずエピソードとコンテンツのリリースを継続し、3年毎の秋に大作を発売する類いのビジネスとは全く異なるアプローチと開発を続けてきたと語ったJob Stauffer氏は、Telltale GamesのDNAが(ビデオゲーム開発スタジオよりも)むしろテレビスタジオに似ていると述べ、TelltaleがインタラクティブなHBOもしくはNetflixに近いと説明しています。

氏は、こういった背景と成功を支えた従来のフォーマット(つまり4~6週間おきにエピソードを配信する従来のシーズン形式)に対して、“The Wolf Among Us”シーズン2や“The Walking Dead”シーズン4を含む2018年のタイトルラインアップを通じて新しい変化を提示すると予告。新しい取り組みに関する具体的な言及を避ける一方で、この変化がスタジオにとって来年の大きな課題だと挙げ、前述した2作品のリリース形態が現行の“Batman: The Enemy Within”と全く異なるものになる可能性を示唆しています。

また、氏はTelltaleが扱うジャンルについても言及しており、ネオノワールからポストアポカリプト、ファミリー向けの冒険コメディ、スーパーヒーローアクション、壮大なファンタジーまで、既に様々なジャンルを手掛ける一方で、スタジオがまだラブコメやよりライトな題材、成人向けのドラマにチャレンジしていないと言及。成人向けのお気に入りとしてローレンス・カスダンの“再開の時”(The Big Chill)を挙げています。

すっかり“The Walking Dead”形式のフォーミュラが定着したTelltale Games作品ですが、スタジオの成功を支えた独自のフォーマットにどんな変化をもたらすのか、来年さらに登場するとされるパブリッシング作品を含め、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.