Wolfenstein II: The New Colossus

最大4人プレイ可能なローカルマルチプレイ忍者アクションバトルアリーナ「Ninja Shodown」の国内PS4とNintendo Switch版が発売

2017年11月9日 15:41 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ninja Shodown」

本日、愉快なスーパーヒーローアクション“88 Heroes”を生んだ英Bitmap Bureauの新作忍者アクションバトルアリーナ「Ninja Shodown」の日本語PS4版とNintendo Switch版販売が開始され、日本語版リリースの窓口を担当した架け橋ゲームズが作品の概要を紹介するプレスリリースを発行しました。

参考:海外版“Ninja Shodown”のローンチトレーラー

滅亡の瀬戸際にある世界を舞台に、何者かに盗まれてしまった神秘の玉刀を取り戻すために戦う忍者の物語を描く“Ninja Shodown”は、最大4人プレイ可能なローカルマルチプレイヤーや“最後の忍者”と“戦闘”、“コイン”、“クラン”、“アーケード”、“エンドレス”といった6種のゲームモード、“お寺”と“道場”、“市街地”、“博物館”、“エリア88”を含む5つのユニークなロケーション、忍者のカスタマイズ、Matt Gray氏が手掛けたテクノサウンドトラックといった要素を特色としています。

ローカルマルチプレイ忍者アクションバトルアリーナ『Ninja Shodown』PlayStation®4版 / Nintendo Switch™版リリースのお知らせ

本日、ゲームパブリッシャーRising Star Games は、ローカルマルチプレイが最高に盛り上がる忍者アクションバトルアリーナ『Ninja Shodown』(開発元:Bitmap Bureau)を PlayStation®4と Nintendo Switch™に向けてリリースしたことをお知らせいたします。

『Ninja Shodown』とは

最大4人まで楽しめる、ローカルマルチプレイ忍者アクションバトルアリーナ『Ninja Shodown』見参!!

究極の忍者として君臨し、毒蛇党の古き誓いを完遂してみせろ!!

199X 年、世界は滅亡の瀬戸際にある… 神秘の玉刀が何者かに盗まれてしまった… その刀は強大な力を秘めており、邪悪な者の手に渡ってしまえば、やがて人類を滅ぼしてしまうかもしれない… いざ、毒蛇党の一員となり決死の任務に立ち向かえ!!

「Ninja Shodown」
「Ninja Shodown」

玉刀を求めてすべての忍者が究極の戦いを繰り広げる!

過酷なアリーナバトルで一人で戦うか、友達と協力して戦うか。はたまた友達と決着をつけるために戦うのか?弱者が支払う代償は死と不名誉!!

「Ninja Shodown」

お気に入りの忍者をカスタマイズして、様々な忍者ならではの武器、刀や手裏剣。そしてこの際、忍者とあまり関係ない爆弾や機関銃やショットガンやバズーカなどの強力な武器を使って立ち塞がる者すべてを薙ぎ払え!!

「Ninja Shodown」
  • 1人から4人まで楽しめるローカルマルチプレイ。対戦プレイも協力プレイもどちらも楽しめます。
  • 6つのゲームモードを搭載。最後の忍者モード、戦闘モード、コインモード、クランモード、アーケードモード、エンドレスモードなど、お好みのスタイルで遊べます。
  • 5つのユニークなステージ。お寺、道場、市街地、博物館、そしてエリア88。それぞれに個性的なプレイ要素があります。
  • Matt Gray 氏によるクールなテクノサウンドトラック。レトロな雰囲気に引き込まれます。
  • 『88 Heroes』の開発チーム Bitmap Bureau の意欲作!!
「Ninja Shodown」

製品概要

【パブリッシャー】Rising Star Games について

Rising Star Games はイギリスとアメリカに拠点を置くゲームパブリッシャーです。2004年の設立以降、PCとコンソールにおいて100以上のタイトルをリリースし、主にコンソールでは日本企業のタイトルを欧米市場に数多く販売しています。

公式サイト:http://www.risingstargames.com/

【開発スタジオ】Bitmap Bureau について

Bitmap Bureau は、英国サウザンプトンに拠点を置く開発スタジオです。クリエイティブディレクターの Stef、デザインディレクターの Mike、テクニカルディレクターの Matt を中心に設立され、前作の『Super House ofDead Ninjas』のクオリティーの高さで、一躍世界のカルトインディーゲームファンたちを虜にしました。

公式サイト:http://www.bitmapbureau.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームはすでに『RUINER』『Salt and Sanctuary』『GNOG (ノッグ)』『Mr. Shifty』『Owlboy』など70本を超えています。

公式ホームページ:www.kakehashigames.com
Twitter アカウント:@kakehashigames

情報元及びイメージ:Steam, プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.