「Black Mesa」の“Xen”以降に関する最新の進捗がアナウンス、技術的な改善の話題も

2017年12月25日 11:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Black Mesa」

11月下旬に“Xen”レベルの延期が改めてアナウンスされた初代“Half-Life”の大規模リメイクMOD「Black Mesa」ですが、本日Crowbar CollectiveがSteamページを更新し、“Xen”を含む以降のチャプターに関する進捗を報告。さらに技術的な改善に関するハイライトと数枚のスクリーンショットを公開しました。

また、Steamウィンターセールの実施に伴い、“Black Mesa”が過去最安値の495円(75%オフ)で購入可能となっていますので、Xen以降の完成を待っている方はこの機会に購入しておいてはいかがでしょうか。

「Black Mesa」

■ “XEN”チャプター以降の進捗状況

  • Xen:アートを開発中。現在プレイアブルな状況に近づきつつあり、エンジンのテストや機能、パフォーマンスの問題解決に取り組んでいる。“Black Mesa”版のXenは、オリジナルよりもはるかに大きく、XenからEndgameまで、14種のマップから構成されている。
  • Gonarch’s Lair:ゲームプレイを開発中。
  • Interloper:ゲームプレイを開発中。
  • Nihilanth:ゲームプレイとアートを開発中。
  • Endgame:アートとブラッシュアップ中。

■ 12月アップデートの技術的な改善について

  • 前回ご紹介した通り、リアルタイムの影生成やテクスチャの投影、ボリューメトリックライトの発生(いわゆるゴッドレイ表現)を含むダイナミックライティング(と置きかえ)をはじめ、レンズフレアの追加、カスケードシャドウマップの刷新、イメージベースの環境ライティング実装、4種のテクスチャブレンド、カラーコレクション、Hammerの改善、樹木が風に揺れる機能、流血表現の改善、1マップあたりに配置可能な光源数の倍増(2048から4096)といった改善が導入される。
  • さらに、新たな新機能として、スタティックなプロップ用ライティングの改善が導入される。これにより、新しいスカイボックスとダイナミックライティングを反映するセルフシャドウが実装された。
  • このほか、多数のバグ修正が実装される。
「Black Mesa」
スタティックなライティング改善の前後が確認できる
以下、2枚の画像は原寸大のイメージにリンクしてあります
「Black Mesa」
こちらも改善の前後、セルフシャドウの効果がよくわかる
「Black Mesa」
以下、技術的な改善のハイライトを紹介するスクリーンショット
「Black Mesa」
「Black Mesa」
「Black Mesa」
「Black Mesa」
情報元及びイメージ:Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.