デジカが高性能なハイエンドVRシステム「VIVE Pro」の国内販売を本日より開始

2018年4月23日 10:00 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「HTC Vive Pro」

本日、Steamウォレットや関連グッズ、VR機器の販売を手掛けるデジカが、国内向けにValveとHTCが共同で開発したハイエンドVRシステム「VIVE Pro」の発売を正式に発表。本日よりVIVE公式ストアや取扱販売店での販売を開始しました。

2880×1600pxのOLEDディスプレイやハイレゾ対応ヘッドフォン、ノイズキャンセルを備えたデュアルマイク、軽量化とエルゴノミクスデザインの強化など、多数の改善を導入したVIVE Proの概要と同梱物、詳細な製品仕様を含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

最新の技術を集結したVRシステム 「VIVE Pro」 の販売を開始いたします

~ 新規格「ベースステーション2.0」に対応、専用センサー、コントローラーを同梱 ~

株式会社デジカは、HTC社が開発した最高峰のハイエンドVRシステムのパッケージ製品 「VIVE Pro」 の販売を、同社が運営するVIVE公式ストア(https://www.vive.com/jp/)ならびに取扱販売店にて、本日4月23日(月)より開始いたしました。

「VIVE」 は、最新鋭のハードウェアデバイスを作り上げるHTC社と、世界最大規模のゲームクライアントサービス「Steam」を運営する Valve社が共同で開発したVRデバイスです。発売以来、ゲーム・アミューズメント業界を始め、建築、医療、教育など、様々な業界で非常に高い評価を得ており、今もなお世界中のVRユーザーに支持されています。

「VIVE Pro」 は、新たに専用開発したスクリーンパネルによりディテールのクオリティが大幅に向上。最高品質のディスプレイを備えるヘッドセットには改良されたフェイスクッションとノーズパッドによる外光の侵入防止対策が施されています。VR体験をより一層豊かにする音響環境を実現するため、リアルなサウンドを生み出すハイレゾ対応ヘッドフォンに備えることにより、その体験をさらに没入感の高いものへと進化させています。快適な体験を実現するため、細部まで人間工学に基づいた設計にこだわったVIVE Proは、脱装着がしやすくなっただけではなく、デバイスの重さを均等に分散、最適な重心を実現することにより、他にはない快適な装着感を実現しています。

今回発売される 「VIVE Pro」 は、SteamVRが提唱する最新の規格 「ベースステーション2.0」 に対応したセンサーユニット×2台、コントローラー×2台を同梱したフルセットとなっております。購入後は要件を満たすパソコンへと接続いただき、必要なソフトウェアをインストールいただくことで、すぐにご利用いただける内容となっております。新しい 「ベースステーション2.0」 では、ルームスケールならではの大きな特徴である 「実際に自身の足で動き回ることができる」、「デバイスの位置や動作を他にはないレベルで精密且つ正確にトラッキングできる」 機能はそのままに、トラッキング対象範囲を最大6m×6mへと大きく広げることが可能になりました。勿論、従来同様に、立席、着席状態でのご体験もいただけるようになっております。

製品保証についても、より長く、安心して 「VIVE Pro」 ご利用いただけるよう、2年間のメーカー保証をつけております。また、商用利用での保証適用や法人様向けのサポートを提供する 「VIVE Pro」 を対象にした「アドバンテージパック」の発売も予定されております。

あらゆる用途で最高のVR体験を求めるユーザーのニーズに応えた、VIVE史上最高の性能と機能を備えた 「VIVE Pro」を是非この機会に、ご検討ください。

「HTC Vive Pro」

製品情報

製品名

VIVE Pro

* 近日発売予定のVIVEワイヤレスアダプターの同梱はございません。

構成内容

  • VIVE Pro ヘッドセット
    • ヘッドセット本体
    • 専用ケーブル付属(装着済み)
  • ベースステーション 2.0(ルームスケール2.0対応)
    • ベースステーション2.0 本体 × 2台
    • ベースステーション2.0 専用電源アダプタ × 2台
    • マウントキット × 2基
  • リンクボックス
    • リンクボックス本体
    • USB 3.0ケーブル
    • DisplayPort ケーブル
    • リンクボックス専用電源アダプタ
    • リンクボックス固定用パッド
  • コントローラー
    • VIVE Pro コントローラー本体 × 2台
    • ストラップ × 2本(装着済み)
    • Micro USBケーブル × 2本
    • 充電用電源アダプタ × 2個
  • その他
    • クリーニングクロス
    • イヤホン接続口用キャップ × 2個
    • 取扱説明書
    • 保証書(購入日から2年間)

発売日

2018年4月23日(月曜日)

商品価格

162,880円(税抜)

発売サイト/店舗

* VIVE公式ストアは株式会社デジカが運営しております。
* 各販売店でのお取り扱いの状況については、直接店舗様へとご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

製品仕様

<必要環境・仕様一覧>

「HTC Vive Pro」

<ベースステーション対応表>

「HTC Vive Pro」

<ベースステーション2.0について>

  • VIVE Proに同梱される「ベースステーション2.0」は、「VIVE コンシューマエディション」、ならびに 「VIVE ビジネスエディション」, 「VIVEトラッカー(VIVEトラッカー2018前に発売されていた製品)」には対応しておりません。
  • 「ベースステーション2.0」は、2台設置での運用が前提となります。

【VIVEについて】

VIVEは、Valve社とHTC社によって共同開発されたルームスケールのVR(Virtual Reality)システムです。直感的なコントローラーと360°動き回ることができるモーショントラッキング、完成度の高いグラフィックを再現可能なシステムを活用することにより、実世界と見間違える全く新しいVR体験ができます。視覚、肉体、感情に訴えかけるVIVEのVR世界では、魅力的なキャラクター、ビジュアル、サウンドと巡り合うことができます。VIVEに関する情報は、www.vive.com/jp/をご覧ください。

【HTCについて】

1997年に設立されたHTC Corporation(以下、HTC)は、受賞歴を持つモバイルデバイスの数々や、業界初のモバイルデバイスを多数開発。常にコンセプトの中心に「人」を据えることで、デザインやテクノロジーの限界を超え、世界中のユーザーにとって革新的な体験を創造します。HTCの製品ポートフォリオには、HTC Sense®のユーザーエクスペリエンスに支えられているスマートフォンやタブレットなどがラインナップ。台湾証券取引所 (TWSE) 上場 (2498)。詳しくは www.htc.com をご覧ください。また、HTC NIPPONに関する情報は、www.htc.com/jp をご覧ください。

【株式会社デジカについて】

イーコマースソリューションのリーディングプロバイダーです。国内外の100を超えるパートナーと提携し、2,000を超える PCアプリケーションやゲームを中心に様々なデジタルコンテンツを全世界のお客様へ提供しています。 2012年よりSteam向け国産ゲームのパブリッシング事業を開始し、その後SteamウォレットコードやSteam関連グッズの販売、Komoju*での日本円決済の提供など、Valve社との強い提携のもと多くの事業に関わってきました。近年では「HTC VIVE」を始めとしたVR関連機器の取扱をはじめ、各VR関連会社やコンテンツメーカーと連携した展開など、この新しい市場に力を注いでおります。また、大手ゲーム周辺機器メーカーのストア運営も担当し、製品の輸入、配送などのロジスティックにも携わっており、国内外のゲーム事業を全般的にサポートしています。詳しくはhttps://www.degica.jp/をご覧ください。
*Komojuは株式会社デジカが運営する決済システムの名称です。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.