“Housemarque”の新作「STORMDIVERS」はバトルロイヤルシューターか、さらなる新作の開発も進行中

2018年4月23日 17:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「STORMDIVERS」

先日、Reboot DevelopカンファレンスにてSci-Fiシューターを思わせるアナウンストレーラーがお披露目されたHousemarqueの新作「STORMDIVERS」ですが、アーケードジャンルから撤退した同スタジオの新たな時代を切り開く新作のディテールに注目が集まるなか、新たにHousemarqueのパブリッシング部門を率いるMikael Haveri氏がEurogamerのインタビューに応じ、来る“STORMDIVERS”がバトルロイヤル作品ではないかと注目を集めています。

“STORMDIVERS”は、Housemarque内製のVFX EngineとUE4、Amazon Game Techを用いるマルチプレイヤータイトルで、ゲームプレイや対応プラットフォームに関する詳細は不明ながら、アナウンストレーラーにはSci-Fiシューターを思わせるロケーションや激しい天候エフェクトが収録されていました。

参考:先日公開された“STORMDIVERS”のアナウンストレーラー

Eurogamerのインタビューに応じたMikael Haveri氏によると、来る“STORMDIVERS”は3年前にコンセプトが誕生し、その後2年に渡って開発が進められており、既にゲームプレイパートが完成し、現在はアートを含むブラッシュアップに取り組んでいるとのこと。

Mikael Haveri氏は、“STORMDIVERS”の完成がそう遠くなく、早ければ年内の登場も有り得ると語る一方で、完成よりも品質を優先しているとして、まだ発売時期を明確に示すべき段階ではないと説明しています。

また、“STORMDIVERS”がバトルロイヤルではないかと質問したEurogamerに対し、Mikael Haveri氏は“非常によい推測だ”と述べ、現在のマルチプレイヤーを取り巻く環境が競合に満ちた状態であり、これにどうHousemarqueが参入しうるか、その可能性を持つ答えが“STORMDIVERS”だと説明。Resogunに代表される同スタジオのアーケード作品がもつ魅力、つまりゲームプレイ中心でペースの速いHousemarqueならではの経験をマルチプレイヤーにもたらすと強調しています。

なお、Mikael Haveri氏によると、“STORMDIVERS”は約20名のチームが開発を担当しており、Housemarque内部ではさらに大規模なAAAゲームの開発が平行して進められているとのこと。

情報元:Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.