ウェーブ形式の新要素“エスカレーション・プロトコル”にスポットを当てる「Destiny 2」の新たな開発映像が公開

2018年5月5日 9:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Destiny 2」

5月8日の“ウォーマインド”配信とシーズン3開幕に向けて、連日様々な新要素が報じられている「Destiny 2」ですが、新たにBungieが来たる“ウォーマインド”のエンドアクティビティの1つ“エスカレーション・プロトコル”を紹介する開発映像を公開しました。

火星のヘラス盆地で利用可能となる“エスカレーション・プロトコル”は、初代の“アルコンの炉”や“オリックスの審判”に似た、プレイヤー自身が始動可能な公開イベントの一種で、最大で9人のプレイヤーが参加できる7ウェーブの(ナイトフォールやレイドに近い)エンドゲームアクティビティとして、適切な戦略や正確なプレイを必要とするほか、新Perkを備えた専用の武器やアーマーセット、外観アイテムといったリワードを導入することが報じられていました。

■ 再掲:“エスカレーション・プロトコル”のディテール

  • エンドゲームアクティビティ“エスカレーション・プロトコル”:プレイヤーが任意に始動できる“オリックスの審判”に似た火星のパブリックイベント的なアクティビティで、段階的に難易度が増す7ウェーブの戦闘と強力なボス戦を特色とする。
    • 3回目と5回目のウェーブクリア時に通常のパブリックイベント用リワードチェストが得られるほか、7番目の最終ウェーブクリア時に専用のリワードが得られる。
    • “エスカレーション・プロトコル”の7ウェーブには固有のリワードを持つ強力なボスが登場する。ボスは5種存在し、週替わりのローテーションとなる。
情報元及びイメージ:PlayStation.Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.