Update – 速報:シリーズ最新作「Battlefield V」が正式アナウンス、人気コメディアンTrevor Noahがホストを務めるお披露目配信は5月23日

2018年5月17日 2:03 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Battlefield V」

UPDATE:5月17日2:03
先ほど、ご紹介したトレバー・ノアの予告に続いて、新たに“Battlefield”シリーズの公式Twitterがナンバリング最新作となる「Battlefield V」を正式に発表し、事前情報通り5月23日にお披露目配信を実施することが明らかになりました。

なお、“Battlefield V”のお披露目配信は5月23日PT午後1時/ET午後4時/CET午後10時、日本時間の5月24日午前5時からとなっています。

以下、公式Twitterの予告と公式サイトに掲載された10種の見どころを追加した更新前の本文となります。

「Battlefield V」
トレバー・ノアが持つマグカップに描かれた“V”

先日、Battlefield 1のFort De Vauxマップから謎のティザーサイトが発見され、5月23日に何らかの発表があるのではないかと見られていた「Battlefield」シリーズですが、先ほど人気コメディアン、トレバー・ノアがTwitterを通じて自身がホストを務めるシリーズ最新作のお披露目を予告。5月23日に“Battlefield”の公式Youtubeにてライブ配信の放送を予定していることが明らかになりました。

また、トレバー・ノアは発言の最後に“V EXCITING!”と記載しているほか、映像の最後には“V”のロゴを描いたマグカップが映り込んでおり、次回作が噂通りナンバリング最新作となる「Battlefield V」ではないかと注目を集めています。

1. 新たな「バトルフィールド」…

プレイヤーを驚かせるさまざまな戦線を舞台に、常に変化し続ける新鮮な戦いが待ち受ける「バトルフィールド」シリーズ。ファンに愛されてきたその系譜を十全に引き継ぎながらも、まったく新しい体験がやってきます。戦争の歴史を変える、新たなチャレンジをその目にしてください。

2. …新たな舞台

「バトルフィールド 1」は、第一次世界大戦を克明に描き、全面戦争の夜明けを体験することを可能にしました。そして次なるバトルフィールド最新作では、また新たな戦線が描かれます。初公開ライブ配信では、DICEが描くこの新たな臨場感あふれる舞台の姿が、初めてファンの前にお目見えします。

3. 「Battlefield V」制作チームからもたらされる生の情報

皆さんを迎えるのは司会トレバー・ノアですが皆さんを夢中にさせるのは、開発陣が自ら語る生情報です。DICE Stockholm代表Oskar Gabrielson、シニア・プロデューサーAndreas Morell、クリエイティブ・ディレクターLars Gustavsson、デザイン・ディレクターDaniel BerlinらのDICEチームのメンバーが、皆さんに「Battlefield V」 のビジョンを語ります。

4. かつてないマルチプレイ体験

バトルフィールドの名を冠する以上、最新作にはもちろん大規模なマルチプレイヤー対戦が待ち受けています。ですが、「Battlefield V」のもたらす体験は、そのレベルをさらに引き上げます。複数のマップとモードにまたがるマルチプレイヤーにご期待ください。これまで以上に変化に富み、エキサイティングなバトルフィールド体験をお楽しみいただけるでしょう。

5. 圧倒的なビジュアルとサウンド

バトルフィールドは常に細部まで忠実に再現された、臨場感あふれる世界をファンに提供してきました。「Battlefield V」もその例外ではありません。ライブ配信では、皆さんがやがてプレイすることになるだろう驚きの世界を、目で見て、耳で聞いて、いち早く体験できるはずです。

6. 新モードと新体験

「バトルフィールド 1」で人気を博したオペレーションでは、複数のマップを舞台にした壮大な戦いに参加することができました。果たしてバトルフィールド最新作にも、このチームの連携を問うモードがやってくるのか?その答えは、ライブ配信でご覧ください!

7. ゲームプレイの変化

ここで情報を漏らしてしまっては、初公開ライブ配信の意味がなくなってしまいますが、ゲームプレイにさらに盛り上がる変化がもたらされることは間違いありません。皆さんの「バトルフィールド 1」の愛銃をかけても良い情報です。「Battlefield V」初公開ライブ配信で明らかとなるすべてを見逃さないようにするには、瞬くことも許されません!

8. トレバー・ノア

「The Daily Show」で司会を務めるコメディアン、トレバー・ノアは生粋のゲーマーであるだけでなく、ゲーム界の守護者とも言える発言で知られます。頭が切れ、ユーモアにあふれ、ゲームが大好き?南アフリカ出身の伝説でもある彼をおいて、今回のライブ配信の司会を任せるのに相応しい人物はありません。

9. 「大戦の書」ふたたび

DICEはマルチプレイヤーの全面戦争とシングルプレイヤーの両方に力を注いでいます。ライブ配信でも、ファンに人気の「大戦の書」の再来について、さらなる情報がもたらされるでしょう。新たな舞台における、知られざる、そしてドラマに満ちたストーリーにご期待ください。

10. すべての謎が明らかに

このところ盛り上がりを見せるバトルフィールドでのイースターエッグ・ハント。コミュニティーの多くが探偵と化して、その秘密を連日追っているように見受けられます。ホワイトボードにモールス信号を書き込んで研究中?歴史上の白馬を調べて奔走中?あなたは「Battlefield V」の真実に近づけているでしょうか?答え合わせの時間です。

情報元:Battlefield

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.