Cliffy Bが「Boss Key Productions」の閉鎖を正式に報告、自身はビデオゲーム業界から一時引退

2018年5月15日 9:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Boss Key Productions」

今年4月に“LawBreakers”の新コンテンツ開発を終了し、続けて80年代テイストのF2Pバトルロイヤル“Radical Heights”をリリースした「Boss Key Productions」ですが、本日スタジオを率いるお馴染みCliffy Bが自身のTwitterを通じて声明を発表し、“Boss Key Productions”の閉鎖と自身の引退を報告しました。

Cliffy Bは、本日の時点でもはや“Boss Key Productions”が事実上存在していない状況を挙げ、4年前に世界規模のビデオゲームスタジオを立ち上げ、最上の才能を持つ人材を雇い入れ、優れた作品を作り上げるために辛抱強く取り組み、浮き沈みさえ楽しんでいたと説明。“LawBreakers”は不運にも牽引力を得なかった素晴らしいゲームだったと述べ、さらにバトルロイヤルジャンルの巨大な盛り上がりに“Radical Heights”で挑戦したが、これについても僅かに一歩遅かったとスタジオ閉鎖の背景を伝えています。

一方、自身の動向についてはビデオゲーム産業から一定の期間距離を置いて熟考するつもりだと語り、(体調が芳しくない愛犬Teddyを含む)家族との時間に集中する必要があると説明。ビデオゲームについては、永久に自身の一部であり、何れかの時期に新しい何かに取り組みたいと伝えた上で、今回については手を引く必要があると明言しました。

なお、Radical Heightsのサーバについては、時期は不明ながらしばらくの間は稼動を続けるとのこと。

“Boss Key Productions”は、2012年10月にEpicを退社したCliffy Bが2014年4月30日に設立したスタジオで、共にJazz Jackrabbitを生んだEpic時代の盟友でありGuerrilla Gamesの共同創設者兼テクニカルディレクターとしてKillzoneの成功を支えたベテランArjan Brussee氏(※ 昨年末、Epicに復帰し新プロジェクトに参加)をはじめ、Gears of Warシリーズの中心人物だったアーティストJay Hawkins氏とChris Wells氏、プロデューサーChris Mielke氏、さらに“The Last of Us”や“Uncharted”シリーズで活躍したアーティストShaddy Safadi氏や著名な工業デザイナーEthan Evans氏、Ready at Dawnで“The Order 1886”のキャラクターアーティストを務めたJarad Vincent氏、“Call of Duty: Ghosts”の開発に参加した旧NeversoftのベテランRyan Palser氏とDavid Rose氏、元Red StormのプログラマJoshua Parker氏など、錚々たる面々がスタジオに参加し話題となっていました。

情報元:Polygon, Gematsu

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.