Infinity Wardの次期「Call of Duty」は途方もない作品になる、Titanfallのタイタンを生んだJoel Emslie氏が予告

2018年7月2日 18:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty」

先日、Respawn Entertainmentで“Titanfall”開発の中心的な役割を果たしたJoel Emslie氏やGeoffrey Smith氏、Mark Grigsby氏、Ranon Sarono氏など、8名に及ぶ旧Infinity Ward組の移籍と復帰が報じられた新生“Infinity Ward”ですが、新たに“Titanfall”シリーズを象徴するパイロットとタイタンのデザインを手掛けたJoel Emslie氏が“Infinity Ward”の次期「Call of Duty」タイトルに言及。次回作が途方もない作品になると語り話題となっています。

これは、Joel Emslie氏がファンの質問に応じ明かしたもので、次期プロジェクトは自らが仕事を愛する理由そのもののような作品だと語り、スタジオには目にした途端、鳥肌がたち思わずデスクに急いで戻り作業に没頭してしまうようなあれこれが存在すると説明。次回作は“良い作品”ではなく、“途方もない作品”になるだろうと強調し、詳細を伝えるお披露目が待ちきれないと説明しています。

今のところ、Infinity Wardの次期“Call of Duty”に関する詳細は不明ですが、昨年12月には研究開発に注力する新スタジオ“Infinity Ward Poland”が設立されたほか、(前述の旧Infinity Ward組に加え)“Infinite Warfare”のシングルプレイヤーキャンペーン開発を率いた元Naughty DogのベテランTaylor Kurosaki氏とJacob Minkoff氏もまだ在籍しており、キャンペーンの有無を含め、来年5月頃と思われる次回作のお披露目に大きな期待が掛かるところです。

参考:タイタンとパイロットのデザインを担当したJoel Emslie氏によるキットバッシュ解説
情報元:Game Rant

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.