ローグライク要素を持つロックマン風人気アクション「20XX」の日本語版が発売、トレーラーもお披露目

2018年7月10日 12:58 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「20XX」

2014年11月の早期アクセス版リリースを経て、その後(“Mighty No. 9”と並走しつつ)数年に渡る意欲的な隔週アップデートと拡張、刷新を重ね、2017年8月にPC製品版ローンチを果たしたBatterystaple Gamesの人気アクション「20XX」ですが、新たに架け橋ゲームズが国内向けに本作の日本語版発売を報告し、本日Nintendo SwitchとPS4向けのローンチを果たしたことが明らかになりました。(※ Xbox One版は7月11日未明発売予定)

“20XX”は、ロックマンにインスパイアされた2D横スクロールアクションで、ローグライトな自動生成要素を特色としており、コンソール向けの特典として、従来の主人公“ニナ”と“エース”に加え、PC向けのDLCとして配信された3人目の主人公“ホーク”を同梱しているとのこと。

楽しそうなゲームプレイが確認できる日本語版トレーラーを含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

プレイするたびに自動で生成されるステージを駆け抜けろ!!『20XX』 Nintendo Switch™ / PlayStation®4 / Xbox One 版リリースお知らせ

本日、Fire Hose Games は (開発:Batterystaple Games)は、2D 横スクロールアクション『20XX』を Nintendo Switch™と PlayStation®4に向けにリリースいたします。本作は先行配信の STEAM で2D アクションゲームファンやオールドゲームファンに大人気となり話題となりました。明日7月11日未明には Xbox One 版もリリースを予定しております。

『20XX』とは

時は20XX 年… ニナとエースが繰り広げる2D アクション。

プレイするたびに自動で生成されるステージを駆け抜けろ!!

「20XX」
「20XX」

『20XX』は、遠距離武器を操る“ニナ”、近接武器で戦う”エース”を操作して、自動生成される横スクロールステージを悪の組織と戦いながら駆け抜ける2D アクション!

家庭用ゲーム機版(Nintendo Switch™ / PlayStation®4 / Xbox One)の特典として、PC 版ではダウンロードコンテンツとして配信されている第三のキャラ、変幻自在のムチ使い”ホーク”が無料で使えます!(”ホーク”はゲームを進行することにより、アンロックされます)

「20XX」

クラシックスタイルのアクションシステムにさらなるアレンジと緊張感、ローグライク要素を散りばめ、歯応え十分の磨き上げられた面白さを持つ『20XX』!

  • 2人同時にプレイ可能。ニナとエース、そしてホークの特徴を活かし協力しながらステージを突き進もう!
  • ステージで様々なパワーアップアイテムを獲得しよう!
  • 各ステージのラストに待ち受けるボス戦を突破することで獲得できる強力なアイテムを駆使して、次の戦いを有利に進めていこう!

オンラインスコアボードに対応したデイリーチャレンジや、ボスラッシュモードもやりごたえ十分!!ストーリーをクリアした後も繰り返し楽しめるモードが用意されています。

何度もなんども挑戦できる自動生成のステージを、友達や家族と一緒に楽しもう!

ビジュアルもサウンドも往年の人気アクションゲームへのリスペクトを感じる『20XX』。古き良き横スクロールアクションに、2人同時プレイ×ローグライク要素がミックスされた意欲作をぜひチャレンジしよう!

『20XX』詳細

【パブリッシャー】Fire Hose Games について

2011年より米国マサチューセッツ州に拠点を置き、コンソールやモバイル、PC などを問わず常に楽しく創造的なタイトルを目指し活動しています。販売だけでなく開発も行い、2011年に『Slam Bolt Scrappers』、2013年に『Go Home Dinosaurs』をリリース。2015年よりアクセラレータープログラムを開始し、インディーデベロッパーの開発支援をしています。

公式サイト: http://www.firehosegames.com/

【開発スタジオ】Batterystaple Games について

2013年7月より『20XX』開発のため少人数のチームで結成された Batterystaple Games。創設者の Chris King はロックマン X シリーズの大ファンとして、ローグライクや協力プレイなどのゲーム性を持たせたタイトルを開発したいと強く考えていました。その結果、2014年5月に『Echoes of Eridu』という名称で Kickstarter のキャンペーンに成功、パブリッシャーである Fire Hose Games と出会います。3年の開発を経て2017年に『20XX』へと改名し、Steam で早期アクセスとしてリリースしました。

公式サイト: http://batterystaplegames.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。

2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームはすでに『Salt and Sanctuary』『Owlboy』『RUINER』『Overcooked® – オーバークック スペシャルエディション』『Wizard of Legend』『Yooka-Laylee (ユーカレイリー)』『Hollow Knight (ホロウナイト)』など100以上のタイトルをサポートしてきました。

公式ホームページ:www.kakehashigames.com
Twitter アカウント:@kakehashigames

「20XX」
「20XX」
「20XX」
「20XX」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.