大量の満点が並ぶ「Red Dead Redemption 2」の海外レビューが遂に解禁、スコアとレビュー映像の簡易まとめ

2018年10月25日 20:29 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Red Dead Redemption 2」

本日深夜の発売がいよいよ数時間後に迫るRockstar Gamesの人気シリーズ最新作「Red Dead Redemption 2」ですが、先ほどオーストラリア/ニュージーランド地域でのローンチに併せて、海外大手メディアのレビューが解禁され、大量の満点と9点台のスコアが並ぶ著しく高い評価を獲得していることが明らかになりました。

一先ず、主要な26メディア分の評価を集めたところ、16のメディアが10/10もしくは5/5の満点、残るメディアも全てが9点以上のスコアを与える状況となっています。Easy AlliesとGameSpotのレビュー映像を含むスコアの簡易まとめは以下からご確認ください。

  • Game Informer10/10
    “Red Dead Redemption 2”がビデオゲームのオープンワールドとして最も巧みに構築され、最も現実のように構築された作品であることはもはや明白で、これをプレイした後、別のオープンワールドゲームへと戻ることは容易ではない。広大な荒野は比類無い動的な気象システムやアンビエントな音響効果、ゲーム史上誰も見たことがない規模の動植物による生態系によって実在するように感じられるが、一旦町へと向かえばRockstarの微に入り細を穿つ職人技はさらなる感動を呼ぶ。ダッチ・ファン・デル・リンデ団の知られざる物語は心を動かさずにはおかない仲間達の物語であり、オープンワールドの奥深さと厚みは全てのゲーマーが体験すべき技術の驚くべき偉業だ。
    • グラフィックス:アルバート・ビアスタットにインスパイアされた西部の景観からニューオーリンズの騒々しいストリートに至るまで、本作はこれまでに作られた中で最も美しいゲームの1つだ。
    • サウンド:優れたボイスアクトが物語へ釘付けにし、周囲の環境音は荒野を生きているように感じさせる。そして当時のアメリカのフォークを用いる豪華なサウンドトラックはゲーム世界が本物であるように感じさせる。
    • プレイアビリティ:乗馬や銃撃戦は何れも前作から改善された。一部の要素は煩わしく思えるかもしれないが、アーサーモーガンや彼の馬、そして彼の武器を気に掛ける幾つかのメカニクスは世界にしっかりと根付く現実的な経験をもたらす役割を果たしている。
    • エンターテインメント:Rockstarはオープンワールドの経験を再定義するゲームを再び作り上げた。“Red Dead Redemption 2”は全てのゲーマーが自身のために経験すべき偉業だ。
    • リプレイ性:高
  • Gamespot9/10
  • IGN10/10
  • Destructoid9.5/10
  • Press Start Australia10/10
  • VideoGamer9/10
  • The Guardian5/5
  • forbes9/10
  • The Telegraph5/5
  • Push Square10/10
  • cgmagonline9.5/10
  • Xbox Tavern10/10
  • Wccftech9.7/10
  • Easy Allies10/10
  • Metro9/10
  • Daily Star5/5
  • Shacknews9/10
  • Dualshockers10/10
  • GamesRadar+5/5
  • God is a Geek10/10
  • TheSixthAxis10/10
  • finder.com.au10/10
  • Critical Hit9.5/10
  • Digital Trends5/5
  • USgamer4.5/5
  • Windows Central5/5
Easy Alliesのレビュー映像
GameSpotのレビュー映像

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.