東西冷戦を描く人気スパイストラテジー「Phantom Doctrine」と西部劇ストラテジー“Hard West”のNintendo Switch対応がアナウンス

2018年10月30日 10:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Phantom Doctrine」

東西冷戦の緊張が決壊寸前となっていた架空の1983年を舞台に、巨大な陰謀を阻止する秘密組織“The Cabal”の戦いを描くターンベースのスパイストラテジーとして、今年8月中旬にPS4とXbox One、PC向けのローンチを果たし、高い評価を獲得した「Phantom Doctrine」ですが、新たにパブリッシャーUF Gamesが本作のNintendo Switch対応を発表。2019年上半期の発売を予定していることが明らかになりました。

なお、Nintendo Switch版“Phantom Doctrine”の移植は、Forever Entertainmentが担当するほか、2015年11月に発売された西部劇ストラテジー「Hard West」のNintendo Switch対応も予定しているとのこと。

参考:“Phantom Doctrine”のローンチトレーラー

東西冷戦の緊張が決壊寸前となっていた架空の1983年が舞台となる“Phantom Doctrine”は、大国の指導者達を計画的に対立させることで全世界の支配を目論む巨大な陰謀を阻止すべく設立された秘密組織“The Cabal”の戦いを描くターンベースのストラテジー作品で、刻々と迫る崩壊から世界を救う壮大かつダークな40時間強規模のシングルプレイヤーキャンペーンをはじめ、可変監視や強襲用のブリーチ能力といった目新しいメカニクスを含む次世代ターンベース戦闘、新人エージェントとしてKGBやCIA、犯罪組織に潜入するダブルスパイ要素、ドラマや映画のような捜査ボードで進行する独創的なハブシステム、洗脳や尋問、身体増強を含むスキルシステム、スパイの外観カスタマイズ、ステルスを含む柔軟なプレイスタイル、異なる2つの側面(KGBの防諜活動とCIAの汚れ仕事)から描かれるリプレイ性の高いストーリー選択、5種類の専用マップを用意した1対1のオンラインマルチプレイヤーといった要素を特色としています。

情報元及びイメージ:Forever Entertainment SA

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.