自由度の高い期待のアクションRPG「The Outer Worlds」はクエスト絡みの重要NPCも殺害可能、コンパニオンの離反や難易度に関する話題も

2018年12月12日 23:43 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Outer Worlds」

先日、マイクロトランザクションを持たないと語ったTim Cain氏の話題をご紹介したObsidianファン期待のアクションRPG「The Outer Worlds」ですが、新たに本作のシニアナラティブデザイナーを務めるKathryn Megan Starks女史(独創的なTyrannyとPillars of Eternity II: Deadfireでも活躍したデザイナー)がRPG Siteのインタビューに応じ、“The Outer Worlds”のコンパニオンやNPCに関する幾つかの興味深いディテールを明らかにしました。

■ Kathryn Megan Starks女史が語った「The Outer Worlds」のディテール

  • プレイヤーと行動を共にするAIコンパニオンについて:彼らはそれぞれに固有の目的や問題を抱えており(一部は特定の勢力に所属している)、クエストを通じてプレイヤーの援助を求める。彼らは常に自身のモチベーションと目標達成を望んでおり、プレイヤーがその目的をサポートしなければ反論し、プレイヤーの選択が彼らにとって好ましくない場合はプレイヤーのもとを去る場合もある。
  • 自由度の高さについて:完全なオープンワールド作品とより構造化されたRPG経験のどちらに近いかという質問に答えたKathryn Megan Starks女史は、“The Outer Worlds”がその両方を組み合わせたものに近いと説明。Obsidianはシングルプレイヤーのストーリー経験にフォーカスする一方で、異なる環境を自由に探索する自由と選択を提供したいと考えている。一旦宇宙船が得られれば、プレイヤーには任意のロケーションを探索する数多くの選択肢が提示されるとのこと。
  • NPCの不死属性について:プレイヤーの選択による幅広い変化や経験の違いについて、クエスト専用の殺せないNPCが存在するかという質問に答えたKathryn Megan Starks女史は、ゲームデザイナーとして殺せないNPCを作る(安易な)誘惑に駆られていると伝えた上で、プレイヤーに重要なNPCを殺すような選択を認める、より良いゲームプレイ経験を届けようと努めるスタジオの理念を持っていると強調。プレイヤーが望めば重要なNPCでさえ殺害できると明らかにしている。
  • 難易度について:Obsidianの傑作“Pillars of Eternity II: Deadfire”には、Path of the Damned(高難易度モード)やTrial of Iron(任意のセーブを禁じ、オートセーブのみに制限され、死亡時にセーブデータが削除される)、Magran’s Fires(各種モディファイア)といった柔軟な難易度設定が用意されているが、Kathryn Megan Starks女史によると、任意の欠点(パッシブなデバフ)を強いるような、より困難な難易度の導入に関する検討や議論が進められているとのこと。
  • DLCについて:Kathryn Megan Starks女史は、本作にマイクロトランザクションが存在しないことを改めて伝えた上で、DLCの存在を示唆している。

参考:“The Outer Worlds”のアナウンストレーラー
参考:先日公開された“The Outer Worlds”の本格的なゲームプレイ映像

The Outer WorldsはObsidian EntertainmentとPrivate Divisionがお届けする新しいシングルプレイヤーのSF RPGです。スペースコロニーを探索しながら、プレイヤーが作り上げていくキャラクターがストーリーの展開に影響を与えます。コロニーのために企業が用意した方程式の中で、プレイヤーは想定外の変数となり、物語を導いていくのです。

■ 主な特徴

  • プレイヤーが導くストーリーRPG:Obsidianのゲームらしく、The Outer Worldsの世界にどう挑むかはプレイヤー次第です。プレイヤーの選択は物語の展開を変化させるだけでなく、キャラクターの特性や仲間の物語、そしてエンディングにも影響します。
  • 欠点が生かせる世界:欠点はThe Outer Worldsで導入される新しい概念です。欠点があるからこそ、魅力的なヒーローとなるのです。The Outer Worldsではゲーム中にプレイヤーの体験がトラッキングされ、何が不得手なのかが記録されます。例えば、Raptidonの攻撃を避けるのが苦手だとしましょう。Raptidon恐怖症という欠点ができることで、この獰猛なクリーチャーと戦う時には不利になりますが、その代償にキャラクターのパークを追加で得ることができます。このような自由選択のアプローチにより、Halcyonを探索しながらプレイヤーが求めるキャラクターを育成していくことができます。
  • 仲間を率いる:地球から最も離れたコロニーを旅する途中、あなたのクルーとなることを希望する多くのキャラクターに出会うでしょう。仲間はそれぞれユニークなアビリティを持つと同時に、自らの使命や動機、理想なども持っています。彼らの目的の達成に協力するか、自分の目的のために利用するかはプレイヤー次第です。
  • 企業のコロニーを探索:Halcyonは銀河の外縁に位置するコロニーで、ある企業の重役たちによって支配されています。コロニーのあらゆるものが彼らによって支配されています……でも、コロニーの2つの惑星のテラフォーミングが計画通りに行かなかったために残されたモンスターにまでには、その力も及びません。宇宙船を手に入れてクルーを集め、集落や宇宙ステーションなど、Halcyonに存在する興味深いロケーションを探索していきましょう。
情報元及びイメージ:Wccftech, RPG Site

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.