ワールド・ウォーZをビデオゲーム化する「World War Z」のクラス解説映像が公開、開発はInversionやHaloリマスターのSaber Interactive

2018年12月13日 11:45 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「World War Z」

昨年末の大規模イベント“The Game Awards 2017”にて、InversionやHaloシリーズ、Quake Championsでお馴染みSaber Interactiveが映画“ワールド・ウォーZ”をビデオゲーム化する新作としてアナウンスされた「World War Z」ですが、新たに本作のパブリッシャーがFocus Home Interactiveに決定し、それぞれに異なる特性を持つ6種のプレイアブルクラスを紹介する解説映像が公開されました。

“World War Z”は、最大4人プレイ可能なCo-opサバイバルTPSで、ニューヨークやモスクワ、エルサレムを含む多彩なロケーションをはじめ、Saber内製の新エンジン“Swarm”の採用、夥しい数のゾンビを特色としており、PS4とXbox One、PC向けの新作として2019年の発売を予定しています。

■ “World War Z”のプレイアブルクラス

  • Gunslinger:銃器ダメージと所持弾薬数増のPerkを持つガンスリンガー。
  • Hellraiser:C4を含む爆発物の扱いやクラウドコントロールに秀でるクラス。
  • Slasher:近接ダメージ増のPerkを持つ近接戦クラス。敵をスタンさせるテーザー能力を持つ。
  • Medic:Stimピストルで遠隔からの蘇生が可能な回復クラス。
  • Fixer:爆発する弾薬の供給や弾薬の回復Perkを持つ。
  • Exterminator:モロトフカクテルの使用と炎ダメージの強化Perkを特色とする。
情報元及びイメージ:Gematsu, All Games Delta

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.