「TESV: Skyrim」の本格的なオンラインCo-op MOD“Skyrim Together”が近くクローズドベータ入り、オープンベータの話題も

2019年1月14日 13:03 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」

開発チームがDedicatedサーバをホストする「The Elder Scrolls V: Skyrim」の本格的なオンラインCo-op MODとして開発が進められている“Skyrim Together”ですが、これまで何度か楽しそうなアルファの映像が公開されていた大型MODの進捗に注目が集まるなか、新たに開発チームが公式Redditを更新し、クローズドベータの実施を発表。来るベータの開幕に先駆けて幾つかの具体的なディテールを明らかにしました。

今回はオープンベータの話題を含むクローズドベータの新情報に加え、Skyrim Togetherを利用して“Beyond Skyrim Bruma”をプレイする3時間強の興味深いゲームプレイ映像をまとめてご紹介します。

安定した動作を見せる“Skyrim Together”でプレイする“Beyond Skyrim Bruma”
  • クローズドベータについて:本プロジェクトを支えてきたPatreon向けのクローズドベータがまもなく解禁予定。この期間を通じて、トラフィックの計測に加え、緊急を要するバグ修正や安定性の改善が図られる。
  • オープンベータについて:クローズド期間は未決定ながら短く、クローズドベータ終了後まもなく、およそ1週間から2週間程度でパブリックなオープンベータが開始される予定。今のところ、クローズドベータとオープンベータの何れも詳細な開始日時は未決定。
  • ベータのコンテンツについて:過去に提示された機能が全て実装される。ただし、以下の機能のみバグとクラッシュを生じさせる可能性があることから一時的に無効化される。
    • コンテナの共有
    • アイテムのドロップ(描画されない)
    • 勢力とバウンティ
    • オブジェクトの同期
  • セッション当たりのプレイ可能人数:現在は8人でハードキャップを設定。今後上限を引き上げるための検討と調査が進められる。
  • サーバのロケーション:現在はEUサーバを利用。今後別の地域向けに新たなサーバが追加される予定。
  • “Skyrim Together”のダウンロード方法:パッチャーを備えたランチャーがリリースされる。ランチャーと“Skyrim Together”のダウンロードサイズはおよそ200MB前後となる予定。
  • 次回の続報:近くクローズドベータのリリースに関する第2弾の発表が行われる予定。日程は未決定ながらそう遠くはないとのこと。
情報元及びイメージ:reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.