「シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ」

Sniper Ghost Warriorシリーズを生んだ「CI Games」がインディーレーベル“United Label”を設立、タイトルのライナップも

2019年1月22日 23:41 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「CI Games」

“Sniper Ghost Warrior 3”のビジネス的な失敗と大規模なレイオフ、内部開発の縮小、そしてAAAタイトル開発に対するアプローチの抜本的な見直しを経て、現在シリーズ最新作“Sniper Ghost Warrior Contracts”と“Lords of the Fallen 2”の開発を進めているポーランドの「CI Games」ですが、昨晩スタジオがインディー専門の新レーベル“United Label”をアナウンスし、既に4タイトルのパブリッシングを予定していることが明らかになりました。

“United Label”は、前述の大規模な再編とビジネスの見直しが直接的な転機となって始動したCI Gamesの新たな取り組みで、販売する作品の数よりも、その品質にフォーカスしたキュレーション色の強いアプローチを特色としており、デベロッパに対する多彩な資金援助プログラムを用意しているとのこと。

また、“United Label”の第1弾タイトルとして、RIGSを生んだGuerrilla Cambridgeの元開発者が設立した新スタジオPolygon Treehouseのデビュー作となるポイント&クリック型のアドベンチャー「Röki」と、DARK SOULSにインスパイアされた2DアクションRPGとして開発が進められているFallen Flag Studiosのデビュー作「Eldest Souls」が2019年にリリースされるほか、2020年にはOdd Bug Studiosの2Dアクションアドベンチャー「Tails of Iron」とLunaris Irisのポストアポカリプスなターンベースローグライク「Horae」が発売される予定となっています。

Polygon Treehouseの「Röki」、太古の荒野を旅する少女を描くアドベンチャー
Fallen Flag Studiosの「Eldest Souls」、DARK SOULSにインスパイアされたトップダウンの2DアクションRPG
The Lost Bearを生んだOdd Bug Studiosの新作「Tails of Iron」、2020年発売予定
Lunaris Irisの「Horae」、時が止まったポストアポカリプス世界が舞台となるローグライク
“United Label”のプロモーション映像
情報元及びイメージ:GamesIndustry, Gamasutra, Dualshockers

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.