Lootの仕様や初期ジャベリンの選択など、発売が迫る「Anthem」の開発者による質疑応答情報まとめ

2019年1月22日 12:38 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Anthem」

1月25日のVIP試用版と2月1日のオープン試用版、そして2月22日の製品版ローンチに先駆けて、連日様々な新情報が解禁されているBioWareの期待作「Anthem」ですが、新たにPolygonが本作の開発を率いるリードプロデューサーBen Irving氏やMichael Gamble氏、ディレクターJonathan Warner氏達が予てからTwitter上でファンとやりとりしている質疑応答をまとめ、55の興味深いディテールとして紹介し話題となっています。

という事で、今回はこの中から幾つかの新情報や変更となったディテール、重ねて報じられている一部の重要な情報をまとめてご紹介します。

  • 個々の装備にレベルアップ要素は存在しない。ただし、統計値やレアリティに差があるため、(ハクスラRPGのように)良品を掘る必要がある。
  • 各ジャベリンに用意された究極装備を使用する際、発動中はダメージを受けない。
  • アナウンス当初は、レンジャーが最初に使用可能なジャベリンとして用意され、その後プレイヤーのレベルアップに応じて順次残りのジャベリンがアンロックされると報じられていたが、Jonathan Warner氏によると、この仕様は変更となった様子で、最初のスーツはプレイヤーが任意に選択できるとのこと。(レベル上昇による3体のアンロック自体は残っていると思われる)
  • フリープレイ時のオープンワールド世界には、(Destinyのように)他のプレイヤーが存在する。なお、ストロングホールドはインスタンスで進行するため、この限りではない。
  • ミッション中のグループはテザリングシステムによって、適正な範囲で共に行動することが求められる(大きく離れた場合は連れ戻される)。ただし、フリープレイ時のグループには適用されない。
  • フォントサイズを変更するオプションが実装される。
  • 予てからのアナウンス通り、ローンチ時にクロスプレイ機能は実装されない。ただしクロスセーブについては検討が進められている。
  • ドロップしたレアなLoot品を拾い忘れた場合、このアイテムはプレイヤーに届けられる。
  • AnthemはDedicatedサーバで動作する。
  • 戦利品のドロップはグループ/プレイヤー間で共有されず、プレイヤー毎に固有のドロップとなる。また、ローンチ時にトレード機能は用意されない。
  • 武器の外観カスタマイズはローンチ時に実装されない。
  • 予てからのアナウンス通り、Anthemにシーズンパスは存在せず、ストーリーやロケーション、新ジャベリンといったコンテンツは無料で配信される。(大型拡張パックが発売される可能性は残されている)
  • パイロットは複数作成可能。
  • ミディアムやハードといった難易度は最初から利用可能。ただし、最高難易度となるグランドマスターについては、パイロットの最大レベル到達後に解禁される。
  • 全キャンペーンを1人でプレイしクリアすることが可能。
  • キャンペーンのクリア後に新たなアクティビティが解禁される。
  • フレンドとのプレイ中にネットワークが切断された場合、一定時間内であれば再接続が可能。
  • 1体の敵に異なる種類のエレメンタル効果や複数のステータス効果を付与できる。なお、フリーズといったエレメンタル効果は敵の強さに応じて付与が困難となる。
  • プレイ中に取得した装備は、別のジャベリンでも使用可能。
  • 飛行中における各ジャベリンの最高速度は全て同じだが、それぞれに操作方法が異なる。
  • Loot品は(装備スコアではなく)プレイヤーのレベルに準じる。これにより低レベルのプレイヤーを支援する際も自身のレベルに応じたドロップが得られる。なお、低レベルのプレイヤーと高レベルのプレイヤーが一緒にプレイする場合、高レベルのプレイヤーに与ダメージ減少等のバランス調整が適用される。
  • 最大レベル到達後に獲得する経験値は、何らかの要素に用いられる。今のところ詳細は不明。
  • ローンチ時にPvP要素はない。
  • Anthemにはファストトラベル機能が用意されている。
  • (Destinyにおけるエキゾチックのような)強力なアイテムの装備可能な数に対する制限はない。
  • ジャベリンのビルド構築を支援するために、ロードアウトの保存機能が実装される。
  • グループの規模に応じて敵の強さを調整するスケーリングが用意されている。
  • クラフト可能な武器の設計図が存在する。
  • Anthemのドロップテーブル/プールは単一のユニバーサルなもので、全てのLoot品は全てのロケーションや敵から入手でき、特定のドロップを持つボスは存在しない。ただし、ローンチ後にこういった要素を導入する可能性はある。
  • ローンチ時に他のプレイヤーが使用している装備やロードアウトを調査・表示する機能は実装されない。
  • 4人を超えるプレイヤー向けのアクティビティ(8人プレイ可能なレイドといったコンテンツ)は存在しない。
  • 装備品はフォート・タルシス(と恐らくストライダー)内でのみ変更可能で、戦闘中は変更できない。ただし、ローンチ後にこれを変更する可能性も検討されている。
  • Anthemには、まだ多くの秘密が隠されている。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.