ロメロが自ら“DOOM”のその後を描く非公式無料MOD「SIGIL」のリリースが2019年4月に延期

2019年2月18日 18:45 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Romero Games」「SIGIL」

1993年の“DOOM”を経て、1995年の“The Ultimate DOOM”に収録されたオリジナルの最終エピソード“Thy Flesh Consumed”のその後を、DOOMの父ジョン・ロメロが自ら描く非公式MegawadとしてアナウンスされたRomero Gamesの新プロジェクト「SIGIL」ですが、2月の無料リリースと豪華な限定版の発売を予定していたプロジェクトの動向に注目が集まるなか、新たにRomero Gamesが公式サイトを更新し、2月に予定していた“SIGIL”のリリースを2019年4月に延期したことが明らかになりました。

Romero Gamesの報告によると、今回の延期は十分な品質を実現するために幾つかの障害が発生したことによるもので、今のところ延期に関する具体的な原因は提示されていません。

“SIGIL”は、9種のシングルプレイヤーレベルと9種のデスマッチマップを含む大型の無料Megawadで、プレイにはオリジナルの“DOOM”が必要となるほか、1996年に発売された豪華な限定版“id Anthology”にインスパイアされた巨大な外箱と豪華な特典を用意した“SIGIL Beast Box”版(166ドル)と通常版(39.99ドル)の予約がスタートしていました。

情報元及びイメージ:Romero Games

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.