スマートフォン対応やさらなる拡張セットなど、今後の取り組みをまとめた「グウェント」のロードマップがアナウンス

2019年4月30日 17:14 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「GWENT: The Witcher Card Game」

先日、初の拡張パックとなる“紅き血の呪縛”のローンチを果たした「グウェント ウィッチャーカードゲーム」ですが、新たにCD Projekt Redが今後の取り組みを紹介するライブ配信を実施し、チュートリアルの改善やドラッグ&ドロップ機能の実装、UIの改善といった変更に加え、3月末にアナウンスされたスマートフォン対応の続報、さらなる拡張セットに関する国内向けのまとめ情報が公開されました。

ゲームディレクターJason Slama氏が今後について語った最新のライブ配信

配信まとめ – ロードマップについて

本日の開発者放送では、今後のグウェント開発のロードマップが発表されました。なお、ビデオの録画(英語)は公式YouTubeチャンネルからご確認いただけます。以下が、今後数か月の間に予定されている開発ロードマップとなります。

ユーザーエクスペリエンス

  • スターターデッキの再構成:それぞれの勢力のアドバンテージや特長により焦点を当て、ニュートラルカードの比重を軽減
  • チュートリアルを短く、より分かりやすく改善
  • 初心者向け勢力解説ビデオ

ドラッグ&ドロップ機能

  • 4月のパッチにて実装予定!

UIの改善

  • シンプルさと読みやすさに焦点を当てた改善
  • カードが盤面にプレイされた際に表示されるアニメーションを改善
  • 列にカウンターを実装(4月のパッチにて実装)
  • カードがどの列にプレイされるべきか、分かりやすい表示を実装

装飾アイテム

  • 防御側プレイヤー(赤)が選んだ盤面で各試合が進行
  • アバターとフレームの表示
  • 新たなゲームボードデザイン(酒場のデザインも実装予定)
  • 拡張セットリリース後、更なる装飾アイテムを追加

スマートフォン版グウェント

  • 現在開発進行中:iOS→Android版の順に配信予定

今後の拡張セット

  • 新たな勢力にフォーカス
  • 今年中に拡張セットのリリースを予定

月ごとのアップデート

  • 毎月のパッチやホットフィックスにて、必要に応じたバランス調整や改善を今後も実装
情報元及びイメージ:GWENT: The Witcher Card Game

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.