新生「Dead Island 2」は現在も開発中、THQ NordicのCEO Lars Wingefors氏が生存報告

2019年5月24日 12:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dead Island 2」

2014年6月の正式アナウンスと2015年7月に報じられたYager版の頓挫、翌年3月の“Sumo Digital”による計画の再始動を経て、定期的な生存確認のみが続いている人気シリーズ最新作「Dead Island 2」ですが、THQ NordicによるKoch Media/Dead Island買収後の動向に注目が集まるなか、THQ NordicのCEO Lars Wingefors氏が“Dead Island 2”の現状に言及。現在も開発を継続していることが明らかになりました。

これは、先日行われたTHQ Nordicの2018/2019会計年度第5四半期報告のカンファレンスコールにて明言されたもので、Lars Wingefors氏による生存報告のほか、PS4とXbox One、PC対応を記載した“Dead Island 2”のロゴを含むプレゼンテーション資料のイメージがStreamfabrikenに掲載されています。

「Dead Island 2」
“Dead Island 2”のロゴと対応プラットフォームを記載したプレゼンテーション資料

余談ながら、2015年春の発売を予定していた“Dead Island 2”は、2014年6月にアナウンスされたシリーズのナンバリング続編で、当初は傑作“Spec Ops: The Line”を生んだドイツのYager Developmentが開発を担当していたものの、その後作品に対するビジョンの違いから2015年7月に計画が保留となり、2016年3月に後継の開発スタジオをイギリスのSumo Digitalに決定したことが報じられていました。

参考:2014年6月に公開された“Dead Island 2”のE3トレーラー

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.