Epic Gamesストアが「Enter the Gungeon」の期間限定無料配布をスタート、次回の無料タイトルは“Rebel Galaxy”

2019年6月14日 9:42 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Enter the Gungeon」

先日、Raw Furyの2DストラテジーRPG“Kingdom New Lands”の無料配布を実施したEpic Gamesが、本日新たな無料タイトルとなるDodge Rollの弾幕シューティング系ローグライクアクション「Enter the Gungeon」の期間限定無料配布をスタートしました。

“Enter the Gungeon”の配布は本日から日本時間の6月21日までとなっていますので、ハードコアな弾幕シューティング系ダンジョン探索ゲームをまだプレイしていない方は早めに入手しておいてはいかがでしょうか。

弾丸、銃、ダジャレ

『Enter the Gungeon』は弾幕シューティング・ダンジョンクロウルで、ちょっとワケアリの一団が銃をぶっ放し、お宝を手に入れ、ドッジロールやちゃぶ台返しを駆使して、ガンジョンの奥深くを目指す。究極のお宝、過去を消す銃を手に入れることができれば、自らの罪を帳消しにすることができるのだ。ヒーロー(または協力プレイではチーム)を選び、戦いを繰り広げながらガンジョンの底を目指そう。次第に難しくなるステージでは手強いながらもかわいいガンデッドや完全武装した恐ろしいガンジョンのボスとの戦いが待っている。貴重なお宝を手に入れ、秘密を暴き、抜け目ない商人や店主と話をして強力なアイテムを購入すれば、戦いを有利に進められる。

『The Gungeon:Enter the Gungeon』は絶えず進化する弾幕シューティング・ダンジョンゲームで、ランダム生成され、入る者をすべて破壊せんとする迷路の中には緻密にデザインされたいくつもの部屋が絶妙な配置で並んでいる。油断は禁物。ガンジョンは見張りに対する最も穏当な勝利にさえ反応し、リスクや難易度を上げて罠を仕掛けてくる!

ガンデッド教団:ガンジョンで注意すべきなのは罠や裂け目だけではない。銃を構えたガンデッド教団との戦いでは冷静沈着に狙いを定めることが求められる。武装した信徒たちは彼らを邪魔するヒーローを倒すためには手段を選ばず、ありとあらゆる戦術を駆使して教団を守ろうとする。

ガンジョニア:ヒーローたちはいずれも全然ヒーローらしくないが、とにかく1人を選んでプレイする。いずれも深い後悔の念にさいなまれ、自分の過去を変えられるならどんな犠牲も払う覚悟がある。死に物狂いのこの冒険者たちは唯一残された度胸を頼りに、火の壁を飛び越え、ドッジロールで弾幕を回避し、周囲にある物なら何でも使って身を隠す。生きてゴールするためには手段を選ぶ余裕はない!

銃:常識外れのユニークな銃を発見したりアンロックしたりして手に入れ、ガンジョンで行く手を遮るものを殲滅せよ。それぞれの銃は使用する弾や使い方が違っている。ありとあらゆるものが武器になる。ミサイル、レーザー、大砲はもちろん、一見あり得ないようだが実は有効な虹の弾幕、魚や泡のダーツにハチまで、どれも実戦で役立つことは実証済みだ!そう、ハチもだ。

また、Epic Gamesストアにて次回の無料タイトルもアナウンスされ、6月21日から6月27日に掛けて、Double Damage Gamesのスペースアドベンチャー「Rebel Galaxy」を配布することが判明しています。

「Rebel Galaxy」

Rebel Galaxy

『Rebel Galaxy』は、アクション満載の戦闘、探検、発見、交易など、たくさんの要素が詰まった盛りだくさんなゲームです。宇宙の辺境での奇妙な住民との交渉も楽しみの1つ。

海賊と戦い、未開の星を探検し、異星人と友達になり、戦闘の残骸からお宝を手に入れ、小惑星で採掘し、秘宝を発見しよう。この荒唐無稽なスペースアドベンチャーで、何にでも口を出すおせっかいになるのか、狡猾な交易業者になるのか、強欲な海賊になるのかは君次第だ。

情報元及びイメージ:Epic Games

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.