開催が迫る“TennoCon”向けの「Warframe」ミュージアム情報が解禁、今年はVolpin謹製の実物大モアが登場

2019年7月3日 14:09 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

今年で4回目を迎える独自イベント“TennoCon”の開催がいよいよ目前に迫る「Warframe」ですが、新たにDigital Extremesが国内向けのプレスリリースを発行し、実物模型のコレクションを集める“Warframe TennoCon ミュージアム”の情報を解禁。今年の目玉として、お馴染みVolpin Propsが製作を手掛けた実物大のコーパス製二足歩行ロボット“モア”を出展することが明らかになりました。

Digital Extremesが「Warframe TennoCon ミュージアム」を準備。主役は実物大のモア

大規模でリアルな展示の一部はVolpin Studiosの作品

Digital ExtremesはVolpin Studiosと協力し、今年で4回目となる毎年恒例のWarframeカンファレンス「TennoCon」に向けて驚くほどリアルなWarframeのフィギュア、アイテム、そしてあっと驚くようなものを制作しました。

今年は実物模型のコレクションが「ミュージアム」内に集められます。目玉は本物と見まごう高さ5フィートのコーパス製二足歩行ロボット「モア」です。今年のTennoConには巨大なライノのフィギュア、モア、ロータスヘルメット、レリックなどが帰ってきます。

Volpin StudiosはDigital Extremesの他にも、Blizzard EntertainmentやRiot Gamesなど、業界をリードするゲームスタジオの数々とコラボして素晴らしい作品をいくつも作り上げてきました。今回のモアの場合、制作のために7名のアーティストたちが11台の3Dプリンターを使い、合計800時間を費やしました。この1機の見事なモアを制作するために、3Dプリンターは1200m、すなわち1.2km分のフィラメントを使い、合計1,000時間以上にわたって3Dプリントを実行しました。

「Digital Extremesと協力してWarframeのモアを制作したことは爽快な経験でした。モアは私たちがこれまで制作してきた精密レプリカの中で最大というだけでなく、間違いなく最も複雑なものです! この作品を実現するためには、このVolpin Propsにいる全員の専門知識が必要でした。これを今年のTennoConでファンの方々に披露するのが待ち切れません! 」

TennoConに直接参加できなくても、www.twitch.tv/warframeで7月6日土曜日のAM8:00 PDT (太平洋夏時間) / AM11:00 EDT (東部夏時間) からPM4:00 PDT / PM7:00 EDTまで、当日の動きを自宅からフォローできます。また、TennoConからの終日ストリーム配信も視聴可能です。

あなたのWarframeアカウントをTwitch、Mixer、Steamと連動させてPM3:00~PM4:00 PDT / PM6:00~PM7:00 EDTのTennoLiveを視聴し、Nekros Primeを無料で入手しましょう。また、twitter.com/PlayWarframeは1分ごとの詳細情報をフォローできます。

Digital Extremesについて

James Schmalzが1993年に設立したDigital Extremesは世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremesは『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Gamesの数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox Oneでは3800万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremesに関する詳細については、www.digitalextremes.comにアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/jaにアクセスしてください。

「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.