「Warhammer 40,000」の実写TVシリーズがアナウンス、製作は“高い城の男”を率いたフランク・スポトニッツとBig Light Productions

2019年7月18日 13:37 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warhammer 40,000」
参考:Hereticusの表紙に描かれたアイゼンホーン

昨晩、Games Workshopが公式コミュニティサイトを更新し、「Warhammer 40,000」の実写TVシリーズ化を正式にアナウンス。フィリップ・K・ディックの同名小説を実写化したドラマ“高い城の男”の脚本とショーランナーを務めたフランク・スポトニッツと彼のプロダクションBig Light Productionsが、なんとダン・アブネットの人気小説“アイゼンホーン三部作”を実写化することが明らかになりました。

今回のプロジェクトは、W40k世界で最も名高い異端審問官であるグレゴール・アイゼンホーンの過酷な戦いを描いたブラックライブラリーの小説“Eisenhorn Xenos”と“Eisenhorn Malleus”、そして“Eisenhorn Hereticus”に基づくTVドラマシリーズで、現在の進捗は不明ながら、Games Workshopの報告によると計画はまだ初期段階にあり、ドラマの公開には数年の製作期間を要するとのこと。(三部作を未読のファンには、この期間が原作に追いつく絶好の機会だと説明している)

また、TVドラマシリーズのショーランナーを務めるフランク・スポトニッツは、過酷な聖務に身を捧げたアイゼンホーンが(その見た目とは裏腹に)単純で無慈悲な英雄ではないと語り、彼の戦いが自身の義務や帝国に対する理解、そして彼自身のアイデンティティにある種の疑念を抱く旅であり、真に忠実であることの意味、自身が何者であるのかという問いの限界に到達する複雑な魅力を持つ人物であることを強調しています。

「Warhammer 40,000」
参考:異端審問官グレゴール・アイゼンホーンのアートワーク
「Warhammer 40,000」
参考:アイゼンホーンのフィギュア(昨年のブラックライブラリー記念モデル)
「Warhammer 40,000」
Games WorkshopがTVドラマシリーズの製作過程を分かりやすくまとめた可愛いインフォグラフィック
情報元及びイメージ:Polygon, Warhammer Community

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.