Visceralの元GM Steve Papoutsis氏がGlen Schofield氏のPUBGスタジオ「Striking Distance」に参加、かつて“Battlefield Hardline”の開発を率いたベテラン

2019年7月22日 16:23 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Striking Distance」

先日、Dead SpaceとSledgehammer Gamesの父として知られるGlen Schofield氏がPUBG Corporationの新スタジオ「Striking Distance」を設立し大きな話題となりましたが、PUBGユニバースが舞台となるストーリー重視のAAA新作を手掛けるスタジオの動向に注目が集まるなか、新たにVisceral Gamesの元ゼネラルマネジャーSteve Papoutsis氏が“Striking Distance”に参加していたことが明らかになりました。

これは、Steve Papoutsis氏が自身のTwitterで報告していたもので、氏は“Striking Distance”のチーフ開発オフィサーに就任しているとのこと。

Steve Papoutsis氏は、かつてCrystal DynamicsやEAで活躍したベテランで、Visceral時代にはDead Spaceフランチャイズの開発を率いたほか、“Battlefield Hardline”のフロントマンを務めた人物としても知られていました。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.