Epic Gamesストアが「Moonlighter」と「This War of Mine」の期間限定無料配布をスタート、次回の無料タイトルはなんとAlan WakeとFor Honor

2019年7月26日 0:32 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Moonlighter」「This War of Mine」

先日、Playdeadの傑作2Dアクションアドベンチャー“Limbo”の無料配布を実施したEpic Gamesが、本日新たな無料タイトルとなる11 bit studiosの「Moonlighter」と「This War of Mine」の期間限定無料配布をスタートしました。

“Moonlighter”と“This War of Mine”の配布は本日から日本時間の8月2日までとなっていますので、アイテム屋の経営とダンジョンの探索を描くローグライトと、戦時下における市民のサバイバルを描く傑作アドベンチャーをまだプレイしていない方は早めに入手しておいてはいかがでしょうか。

また、次回の無料タイトルもアナウンスされ、8月3日から8月9日に掛けて、Year3シーズン3の開幕が目前に迫る剣戟アクション「For Honor」と、先日Remedy EntertainmentがMicrosoftからパブリッシング権を獲得したスタジオの代表作「Alan Wake」を配布することが判明しています。

「For Honor」「Alan Wake」

Moonlighter

過去の考古学調査によっていくつかのゲートが発見された。 人々はすぐにそれが異なる世界と異次元への古代の通路であることを理解する。そして、それは勇気ある向こう見ずな冒険者には途方もない財宝を手に入れるチャンスだと。 発掘現場のそばにあるRynokaと呼ばれる小さな村は苦労して手に入れたお宝を売りさばく冒険者たちにとって休息の場だった。

『Moonlighter』は、ローグライトの要素を含んだアクションRPGで、いつか英雄になることを夢見る冒険好きな店主Willの日課が中心になります。

商売をする

Rynoka村で商店を営むWillとして、アイテムを並べ、その値段を決定し、貯えたゴールドを管理し、助手を雇い、店をアップグレードします。 ただし、店の貴重な品物を盗もうとする不届き者がいるので油断は禁物です!

自分のスタイルで戦う

種々の敵やボスを倒し、手ごたえのある奥深い戦闘システムを満喫しましょう。 生き残るための条件は、武器の使用に習熟すること、絶好のタイミングを計ること、注意深いポジショニング、敵と環境の理解です。 どのようなスタイルで敵と戦うかはプレイヤー次第です。

村人に会う

この小さな村の繁栄を取り戻すためには隣人を理解することが必要です。 Rynokaの穏やかなコミュニティの中で村人が新しい商売を始める手助けをし、その成長を見守りましょう。

物作りと魔術

物作りと魔術の習得は成功の必須要素です。 新しいアーマーや武器を作ったり既存の装備に魔法をかけるためには村人との交流が欠かせません。 これによって装備の使い方が大幅に広がります。

戦利品を手に入れる

異世界へのゲートを通って見知らぬ世界へ入り、風変わりな文明の貴重なアイテムを集めましょう: 資源、武器、アーマー、不思議な工芸品など。 すべてを保管することはできません。ユニークなインベントリのシステムを賢く利用して、最も有益な戦利品だけを保管しましょう。

仲間との絆を深める

ゲートは別世界に通じています。 毎回新たなプレイを楽しむことができ、そのつど慎重で賢明な決断を迫られます。 次に何が待ち構えているかは想像もつきません。したがって常にあらゆる状況に備えておく必要があるのです。

This War of Mine

『This War of Mine』でプレイするのはエリート兵士ではなく、敵に包囲された都市で必死に生き残ろうとする一般市民です。食料と医薬品が全然足りず、狙撃手や敵対するスカベンジャーに常に狙われています。 このゲームでは、まったく新しい視点から戦争を体験することになります。

『This War of Mine』では、昼と夜の繰り返しで時間が流れていきます。 外にはスナイパーがいるので、昼間は避難場所から外に出ることができません。家の中で物を作ったり、 物々交換をしたり、他の生存者の世話をしたりします。 夜になったら、市民1人に物資を探しに行かせましょう。探索できる場所はいろいろあるので、生き残るために必要なアイテムを見つけられるはずです。

生死を分ける決断をするのは自分の良心。 隠れ家の仲間全員を守ることも、より長く生き残るために誰かを犠牲にすることもできます。 戦争中は決断に良いも悪いもありません。生き残るしかないのです。 それに気づくのが早いほど良いでしょう。

This War of Mine: Anniversary Edition

『This War of Mine』グローバルリリースから2年が経った今も開発を続けています。 アニバーサリーエディション用に特別に制作した新しい無料DLCには、新キャラクターや新ロケーション、さらには様々な結末のまったく新しいエンディングを追加しました。 ジレンマはこれまで同様に続きます。愛する者を守るため、あなたはどこまでやりますか?

This War of Mine:

  • 実際の事例から着想
  • 生き残った者を統率し、隠れ家を管理
  • 武器、アルコール、ベッド、ストーブ、役に立つモノは何でも作れ
  • 時に感情を締めつける過酷な決断
  • 新しいゲームを始めるたびにランダムに選択される世界とキャラクター
  • ゲームの世界観を強調する木炭画風の映像
情報元及びイメージ:Epic Games

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.