KeokeNの月面アドベンチャー「Deliver Us The Moon」のPC版が発売、ローンチトレーラーも

2019年10月14日 17:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Deliver Us The Moon」

2016年11月にStarbreezeのインディレーベル“IndieLabs”の第2弾パブリッシングタイトル「Deliver Us The Moon」としてアナウンスされ、その後紆余曲折を経て2018年9月にセルフパブリッシング作品となるPC向けの新作「Deliver Us The Moon: Fortuna」としてローンチを果たしたものの、今年6月に報じられたWired Productionsとのパブリッシング提携を経て、一時的に販売が取り下げられ、コンソールとPC向けの再アナウンスが行われていたKeokeN InteractiveのSci-Fiアドベンチャー「Deliver Us The Moon」ですが、本日遂に完成したPC版の販売が再開され、小型のコンパニオンASEと共に月面や施設を探索する主人公の危険な任務を描いたローンチトレーラーが公開されました。(※ 既存の“Fortuna”購入者については、無料アップデートとして製品版を配信)

前述の“Deliver Us The Moon: Fortuna”とストーリーを完結させる無料DLCとしてアナウンスされた未リリースの“Tombaugh”を統合し、広範囲なブラッシュアップを重ねた完全版“Deliver Us The Moon”は、地球上の資源が枯渇した近未来を舞台となるSci-Fiアドベンチャーで、RTX技術を利用したPC向けのリアルタイムレイトレーシング対応や日本語を含む10言語対応を特色としており、2020年初頭には海外PS4とXbox One版の発売を予定しています。

Deliver Us The Moon は、資源が枯渇し終末を迎えた近未来の地球を舞台にしたSFスリラーです。エネルギー危機を乗り越えるために、世界の首脳陣によって World Space Agency が設立されました。この機構によって月にある有望なエネルギー源が発見され、これが確保されたのです。

World Space Agency は月をコロニー化し、そこで運営を行っていました。しかしあの運命の夜、地球との通信が完全に途絶えエネルギー源が失われてしまいます。数年の年月が経過した現在、あなたは地球に残された最後の宇宙飛行士となり、事故原因の調査及び人類救済という生死をかけた任務に臨みます。

この冒険の旅であなたに同行するのは小さなロボットである ASEのみです。力を合わせて月を踏破し、放棄された施設を探索して手がかりを見つけましょう。最終目標は長い間隠匿されていた秘密や謀略を明らかにすることです。

あなたは人類の救世主となれるでしょうか。それとも宇宙の塵となり人々の記憶から抹消されてしまうのでしょうか?

現実世界がテーマ

気候変動や地球の天然資源の枯渇といった現実的な問題が物語の主軸となっています

様々なゲームプレイスタイル

一人称視点と第三者視点でのゲームプレイを体験してください。Deliver Us The Moon はジャンルを超えた壮大な冒険にあなたをお連れします

宇宙飛行士として

地球からロケットを発射し、WSA の宇宙ステーションを捜索、重力の束縛から解放され広大な月面を闊歩しましょう。探査車やモノレールでも移動できます

過去を明らかに

今は廃墟となった過去の月面基地には、数多の物語と秘密が隠されています。Astrotool を活用して月面コロニーの歴史を掘り下げていきましょう

宇宙時代の装備

唯一の仲間である ASE ドローンと共に、人類が生み出した新世代の宇宙服、レーザーカッター、ロケット、ロボットアームといった優れた技術を使いこなしていきましょう

危険な環境を生き残れ

タンクにある酸素残量が減少し、吸い込まれそうな宇宙の深淵があなたを見つめています。生存は容易ではありません

コードを破れ

あなたの行く手を遮る障害物や危険を乗り越えていきましょう。多種多様なツールと絞り抜いた知恵でパズルを解き明かし過去の秘密を暴き出しましょう

息を呑むほど幻想的なサウンドトラックで無重力を体験してください

偉大なSF作品に着想を得たDeliver Us The Moonには、3時間の独自音源が収録されており、映画にも匹敵する素晴らしいサウンドトラックが楽しめます

UNREAL® ENGINE 4を採用

Deliver Us The MoonにはUnreal® Engine 4が採用され、想像を超えたゲームプレイと目を見張るようなグラフィックが堪能できます

情報元及びイメージ:Steam, Steam, Wired Productions

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.