長年Bungieの成功を支えた元CEO兼社長Harold Ryan氏の新スタジオ「ProbablyMonsters」が大手パブリッシャーと提携した未発表AAAタイトルを開発中

2019年10月14日 11:25 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Harold Ryan」

2000年から2016年に掛けて、Bungieの社長とスタジオヘッド、CEOを兼任し、中期Bungieの成功と成長を支え、(Martin O’Donnell氏との泥沼裁判とBungieの大規模な再編を経て)2016年1月に同社を退社していたHarold Ryan氏ですが、Bungie退社後程なく新スタジオ「ProbablyMonsters Inc.」を設立していた氏の動向に注目が集まるなか、新たにHollywood ReporterがHarold Ryan氏とスタジオに関する現状とデビュー作の話題を報じ、何やら大手パブリッシャーと提携した未発表のオリジナルのAAAタイトルを手掛けていることが明らかになりました。

報告によると、“ProbablyMonsters”は既に2つのスタジオ(Cauldron StudiosとFirewalk Studios)を運営しており、Harold Ryan氏が個人的に選んだ業界トップクラスの開発者グループによって率いられているとのこと。

また、“ProbablyMonsters”が提携したパブリッシャーやプロジェクトに関する詳細は不明ながら、スタジオが取り組んでいるAAAタイトルの予算はおよそ5,000万ドル規模と報じられています。

なお、“ProbablyMonsters”は既に70人規模の従業員を雇用しており、その中にはMicrosoftの技術リードを務めたLonnye Bower氏やAmazonでシニアリクルートマネジャーを務めたShannon Armstrong氏が所属しているほか、かつてActivisionで“Destiny”部門のVPを務めたTony Hsu氏がFirewalk Studiosのスタジオヘッド、God of WarやMystなど、多数のAAAタイトルを手掛けたベテランDave Matthews氏がCauldron Studiosのスタジオヘッドに就任。さらに、Bungieの元クリエイティブディレクターRyan Ellis氏とDestinyのDLCストーリーリードを務めたCJ Cowan氏がそれぞれFirewalkとCauldronのゲームディレクターを務めているとのこと。

長年に渡ってBungieの成功を率いたHarold Ryan氏と多数のベテランが集う“ProbablyMonsters”が一体どんなタイトルのを手掛けているのか、来る続報に大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:Hollywood Reporter

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.