新たな敵“クバ・リッチ”や新型Warframeを導入するPC版「Warframe – 古き血統」アップデートの配信がスタート

2019年11月1日 13:04 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

先日、PC向けの大型アップデート“古き血統”がアナウンスされた「Warframe」ですが、新たにDigital Extremesが国内向けに新たな脅威となる“クバ・リッチ”や新型フレーム“Grendel”を含む多彩な新コンテンツを導入する“古き血統”アップデートの配信開始をアナウンスしました。

“クバ・リッチ”の紹介映像や“Grendel”のディテール、近接戦闘システムの刷新を含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

不死の敵“クバ・リッチ”を含む“古き血統”アップデートの新トレーラー

本日より PC でプレイできる WARFRAME の「古き血統」アップデートで、不死身の宿敵クバ・リッチと対峙し、Grendel で敵を食い尽くせ

エンペリアンの初期の枠組みとなる「古き血統」アップデートでは、近接戦闘の大規模アップグレードや、Warframe「Ember」と「Vauban」の改修版なども登場

2019 年最大のアップデートとして、カナダのデベロッパー兼パプリッシャーDigital Extremesは Warframe®プレイヤーに強力な「古き血統」アップデートを提供します。本日より、PC で無料プレイが可能です。「古き血統」では、Warframe に導入された Nemesis のような新たなゲームシステムである、不死の敵「クバ・リッチ」が導入され、プレイヤーの注目を集めます。また、42 番目の Warframe である貪欲な「Grendel」も登場します。今回の大規模アップデートは近接戦闘の充実したアップグレードとも連動し、輝きを増したり、バランス調整を行った数百の武器や、空中での近接攻撃(ジャグル)、改良コンボなどを用意しています。また最近のオーディエンス向けに、クラシックな Warframe の「Ember」と「Vauban」の 2 つをリメークしました。

不死の宿敵「クバ・リッチ」と対峙

待望のクバ・リッチの登場により、ベテランのプレイヤーは Nemesis のような新たなゲームシステムに挑戦することになります。進化し続ける宿敵との対戦をプレイヤーが何度も重ねる中、クバ・リッチは資源や領土、それに仲間を増やしていきます。増えた仲間により、惑星上や深宇宙の戦艦内(エンペリアンの投入後)で、次に遭遇する敵が変わります。覚悟ができたら、テンノの隠された刀である新しい「Parazon」を使ってクバ・リッチと対決し、倒しましょう。

42 番目の Warframe で敵を踏みにじれ

敵には悪夢のような捕食者であり、味方には思いやりのある解放者である 42 番目のWarframe「Grendel」は胃袋が回転するような能力を備えており、敵を取り込み、吐き出します。このような能力はパーティに力を与え、大きなダメージを加えますが、Grendel を敵に突進させることも可能です。Grendel は、ゲーム内で無料で入手できるパーツやマーケットで購入できるパーツから組み立てることができます。Grendel の能力全解説など、さらなる詳細については「古き血統」のニュースをご覧ください。

近接システムフェイズ 2 の大規模な変更を体感

本日より、「Melee Changes: Phase 2」により、テンノの近接戦闘システムが大きく更新されます。この改修は Warframe の光速の近接戦闘を合理化し、さらに深めるものです。同時に、数百の武器に格段の輝きを与えて補強し、データのバランスを再配分して、さらに荒々しく破壊的な近接戦闘がパワーアップします。アップグレードにはコンボシステムの改修も含まれ、コンボの開始や連続、終了が滑らかで直感的になります。また新しいヘビー攻撃で敵を空中に持ち上げ、ジャグリングし、打撃を加えることもできます。詳細については、Warframe.com「デベロッパー・ワークショップ」フォーラムをご覧ください。

EMBER と VAUBAN の改修

「古き血統」アップグレードでは、Warframe「Ember」と「Vauban」の改修も行われます。

データの再調整と中心的な能力の再考により、最も古い部類の Warframe が新鮮に感じられ、現在の Warframe ゲームプレイへの対応も良くなります。全情報については Warframe.com をご覧ください。

Warframe の新しいアップデートはもうすぐ PC 版でダウンロードできます。コンソール版も今後に期待しよう。

Warframe コミュニティーに参加しませんか?まずは forums に参加して話すことから始めよう。 ぜひ Warframe の公式ウェブサイト www.warframe.com/ja をチェックしよう。開発チームからの最新情報を見逃さないよう、Warframe の Twitch, YouTube, Twitter, Facebook, Instagram.アカウントのフォローもどうぞお忘れなく。

Digital Extremes について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness®II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3800 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.