日本語対応を果たした傑作探検ローグライク「Curious Expedition」にマルチプレイヤーモードを実装する大型アップデートが配信、続編のアルファ始動もまもなく

2019年11月29日 18:25 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Curious Expedition」

19世紀後半の世界を舞台に、名声や宝を求めて未開の地を進むローグライクな冒険シミュレーションとして2016年9月にローンチを果たし、現在はナンバリング続編の開発も進められているMaschinen-Menschの傑作「Curious Expedition」ですが、先月突如実装された日本語対応に続いて、昨日本作の大規模なバージョン1.0アップデートが配信され、昨年からブラウザ版のベータ運用が進められていた本作の大規模マルチプレイヤーモード「Curious Expedition Rivals」を本作に統合したことが明らかになりました。

“Curious Expedition”は、自動生成されたヘックス型の広大なマップを探索する(Sunless Seaに近い)ボードゲーム風のシミュレーションで、正気度を含むリソース管理やストーリーの自動生成といった要素を特色としており、今回実装されたマルチプレイヤーモード“Rivals”は、本編の1万倍近い巨大なマップで他のプレイヤーと世界を共有する探検が楽しめます。

なお、今回実装された“Rivals”のマップのどこかには黄金のピラミッドが隠されており、これを発見することで、来る続編“Curious Expedition 2”のクローズドアルファにアクセス可能となりますので、続編を楽しみにしている方は広大な“Rivals”の世界を探索してみてはいかがでしょうか。(※ Rivalsは現在一部のテキストのみ日本語化済み)

新たに公開された“Curious Expedition”v1.0のリリーストレーラー

余談ながら、年内のリリースを予定していた続編“Curious Expedition 2”は、現在2020年内の発売を目標としており、12月中に始動予定の第1弾アルファに向けて、サインアップの受け付けがスタートしています。

参考:今年3月に公開された続編のアナウンストレーラー、コンソールにも対応予定
情報元及びイメージ:Eurogamer, Curious Expedition

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.