UbisoftとLionsgateが「ラビッツ」の映画化を正式アナウンス、ロボットチキンの脚本家やMandeville Filmが参加

2019年12月16日 11:37 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「ラビッツ」

国内でも放送がスタートしたアニメ“ラビッツ インベージョン”ですっかり子供達の人気者となったUbisoftの「ラビッツ」ですが、新たにUbisoftが公式サイトを更新し、Lionsgateと共に“ラビッツ”の映画化を進めていることが明らかになりました。

発表によると、“ラビッツ”の映画化はプロダクションMandeville FilmのTodd Lieberman氏とDavid Hoberman氏、Ubisoft Film & TelevisionのJason Altman氏とMargaret Boykin氏がプロデューサーを、MandevilleのAlex Young氏が製作総指揮を務めるほか、監督については映画“ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ”や“ロマンティックじゃない?”、“ハロルド&クマー クリスマスは大騒ぎ!?”を手掛けたトッド・ストラウス=シュルソン氏との交渉が進められているとのこと。

また、ロボットチキンを手掛けたMatt Senreich氏とTom Sheppard氏、Zeb Well氏が映画“ラビッツ”の脚本を担当したことが判明しています。

今のところ、公開時期や映画のプロットは不明ですが、どんな“ラビッツ”映画が出来上がるか、今後の続報に期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:Ubisoft

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.