RTS要素を持つ独創的なSci-Fiシューター「Disintegration」のベータテストがアナウンス、開発はHaloシリーズの誕生と成功を支えたMarcus Lehto氏の新スタジオ

2020年1月16日 12:43 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Disintegration」

かつてBungieでHaloの誕生と成功を支えたベテランMarcus Lehto氏とZipperでSOCOMを生んだMike Gutmann氏の新スタジオ“V1 Interactive”のデビュー作としてアナウンスされた期待作「Disintegration」ですが、新たにV1 Interactiveが本作のマルチプレイヤーベータをアナウンスし、1月末から2月初頭に掛けて、PS4とXbox One、PC Steam向けのクローズドな技術ベータテストとオープンベータテストを続けて実施することが明らかになりました。

なお、ベータテストの対応言語は英語のみで、公式サイトにてベータの登録受付がスタートしています。

■ “Disintegration”技術テスト(PC/PS4/Xbox One)の実施スケジュール

  • クローズド技術テスト(セッション1):1月28日PT午前8時/ET午前11時から1月28日PT午後11時59分/1月29日ET午前2時59分まで(日本時間の1月29日午前1時から午後4時59分まで)
  • クローズド技術テスト(セッション2):1月29日PT午前8時/ET午前11時から1月29日PT午後11時59分/1月30日ET午前2時59分まで(日本時間の1月30日午前1時から午後4時59分まで)
  • オープン技術テスト:1月31日から2月1日

■ PC版ベータの動作要件

  • NVIDIA
    • CPU:i5第5世代
    • GPU:GTX 970
    • メモリ:8GB
    • 画面解像度:1920×1080
  • AMDA
    • CPU:RYZEN 5 1600
    • GPU:RX 480
    • メモリ:8GB
    • 画面解像度:1920×1080

PS4とXbox One、PC向けの新作となる“Disintegration”は、異常気象や人口の増加、食料不足、世界的なパンデミックから生き残るために、脳を外科手術でロボットに移植する統合技術“Integration”を確立した未来の地球が舞台となるSci-Fiシューターで、空中を浮遊する武装ビークルGravcycleのパイロットである統合済みの主人公ローマー・ショールが、僅かに生き残った人間達を狩る超大国レイヨンに立ち向かう物語を描くことが報じられていました。

参考:“Disintegration”の日本語字幕入りアナウンストレーラー
参考:昨年8月に公開された“Disintegration”のゲームプレイ映像

情報元及びイメージ:Destructoid

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.