噂:今年の「Call of Duty」はやはり“Treyarch”タイトルか、David Vonderhaar氏が早くも次回作のディテールに言及

2020年1月6日 11:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty」

昨年5月、従来の3年サイクルに則らない、“Treyarch”による2020年の新作開発に関するまことしやかな噂が報じられ、その後Treyarchが2020年発売予定の次世代AAAタイトルに関する開発者募集を開始し話題となった「Call of Duty」シリーズですが、新たにTreyarchのフロントマンDavid Vonderhaar氏がファンの質問に応じ、早くも次回作のディテールに言及。前述の噂がやはり事実ではないかと注目を集めています。

これは、David Vonderhaar氏が自身のTwitterを通じて明らかにしたもので、次のCoDにジェットパックを復活させたほうが良いと語ったファンに対し、David Vonderhaar氏は“NO”と明確に否定した上で、BO3におけるファンの反応とつるし上げにまだPTSDを抱えていると説明。重ねてジェットパックの復活を強く否定しています。

今のところ、Treyarchの次回作が2020年のCoDタイトルかどうか、その真偽は不明ですが、従来の3年サイクルを考慮すると、David Vonderhaar氏が1年半以上も早く次回作のディテールについて触れることは極めて異例であり、やはり今回の発言は前述の開発者募集と併せて、Treyarchの新作が2020年のCall of Dutyであることを示唆しているように感じられます。

Sledgehammer GamesとRaven Softwareがサポートを務め、冷戦時代を描く現世代と次世代の両対応タイトルと噂されるTreyarchの次期Call of Dutyタイトルですが、キャンペーンを廃止した前作の“Call of Duty: Black Ops 4”の開発については、現場の大きな混乱が伝えられており、前述の噂が事実である場合、かつての2年サイクルに戻る次回作がどんなタイトルとなるか、大きな再編を果たしたSledgehammer Gamesを含む今後の動向に改めて注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:Charlie INTEL

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.