Bungieが「Destiny」の映画やTVシリーズ化の可能性に言及、いつでも望む時に自由な選択ができる

2020年1月7日 17:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Destiny 2」

年末にスタートした“暁旦”イベントの終了が迫る「Destiny 2」ですが、新たにBungieのクリエイティブリードRobbie Stevens氏とナラティブデザイナーNikko Stevens氏がThe Hollywood Reporterのインタビューに応じ、Activisionとの独占契約終了に伴うセルフパブリッシング化やF2Pへの移行、影の砦以降のシーズン運用等について言及。この中で両氏が“Destiny”の映画やTVシリーズ化に関する質問に応じ、興味深い見解を明らかにしました。

ウィッチャーやHalo、The Divisionといった人気シリーズのTVドラマ/映画化が続く中で、“Destiny”ユニバースのトランスメディアや翻案に関する質問に応じたRobbie Stevens氏は、「何でも可能だ」と回答。続けて「Bungieが“Destiny”IPを全て所有していることの利点の1つは、適切な時にいつでも新しい取り組みを選ぶことができる自由にある。私に言えることはそれだけだ」と伝えています。

情報元及びイメージ:, Hollywood Reporter

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.